Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

下山中に転倒し腰を骨折 北アルプスで遭難の男子高校生を救助 父親と2人で登山 当時は別行動中

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

北アルプスの穂高連峰で、30日から連絡が取れなくなった富山県の男子高校生が、31日朝、救助されました。腰の骨を折って動けなくなっていたということです。 救助されたのは、富山県砺波市の17歳の男子高校生です。警察によりますと、父親と2泊3日の予定で28日に岐阜県の新穂高温泉から入山しました。 30日は、奥穂高岳山頂で別れ、高校生は前穂高岳を往復して、西穂高岳山頂で父親と落ち合う予定でしたが、約束の時間になっても姿を現さなかったため、父親が警察に救助を要請していました。 31日午前6時前、前穂高岳と上高地を結ぶ岳沢登山道で、「助けを求める声がする」と登山者が山小屋に通報し、山岳遭難防止対策協議会の救助隊員が高校生を発見。長野県警のヘリコプターが松本市内の病院に搬送しました。 腰の骨を折る重傷で、下山中に転んで歩けなくなり、岩陰でじっとしていたということです。 高校生は小学生の頃から10年の登山歴がありますが、なぜ予定のルートではなく上高地に降りようとしたのかなど、警察が確認しています。

【関連記事】