Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安倍首相、辞任理由は“持病の悪化”と明かす。会見で悔やんだ「志半ば」の宿題とは…【詳報】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

安倍晋三首相は8月28日午後5時から記者会見し、辞任の意向を正式に表明した。冬を見すえた新型コロナウイルス対策について説明した後、安倍首相は自身の体調問題と辞任の意向について、以下のように語った。 【全画像をみる】安倍首相、辞任理由は“持病の悪化”と明かす。会見で悔やんだ「志半ば」の宿題とは…【詳報】 私自身の健康上の問題についてお話をさせていただきたいと思います。 13年前、私の持病である潰瘍性大腸炎が悪化をし、わずか1年で突然総理の職を辞することになり、国民の皆様には大変なご迷惑をおかけしました。 その後、幸い、新しい薬が効いて体調は万全となり、そして国民の皆様からご支持をいただき、再び総理大臣の重責を担うこととなりました。 この8年近くの間、しっかりと持病をコントロールしながら、何ら支障なく総理大臣の仕事に毎日日々全力投球することができました。 しかし、本年6月の定期検診で再発の徴候が見られると指摘を受けました。 その後も薬を使いながら全力で職務にあたってまいりましたが、先月中頃から体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する状況となりました。 そして8月上旬には潰瘍性大腸炎の再発が確認されました。今後の治療として、現在の薬に加えましてさらに新しい薬の投与を行うことといたしました。 今週初めの再検診においては、投薬の効果があるということが確認されたものの、この投薬はある程度継続的な処方が必要であり、予断は許しません。 政治においては最も重要なことは、結果を出すことである。私は政権発足以来、そう申し上げこの7年8カ月、結果を出すために全身全霊を傾けてまいりました。 病気と治療を抱え、体力が万全にならないという苦痛の中、大切な政治判断を誤ること、結果を出さないということがあってはなりません。 国民の皆さまの付託に自信を持って応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断いたしました。 総理大臣の職を辞することといたします。 現下の最大の課題であるコロナ対応に障害が生じるようなことは、できる限り避けなければならない。この1カ月程度、その一心でありました。 悩みに悩みましたが、足元において7月以降の感染拡大が減少傾向へと転じたこと、そして冬を見すえて実施すべき対応策を取りまとめることができたことから、新体制に移行するのであればこのタイミングしかないと判断いたしました。 この7年8カ月、さまざまな課題にチャレンジしてまいりました。残された課題も多々ありますが、同時にさまざまな課題に挑戦する中で達成できたこと、実践できたこともあります。 すべては国政選挙のたびに力強い信任を与えてくださった、背中を押していただいた国民の皆さまのおかげであります。本当にありがとうございました。 そうしたご支援をいただいたにも関わらず、任期をあと1年残し、他のさまざまな政策が実現途上にある中、コロナ禍の中、職を辞することとなったことについて、国民の皆さまに心より、心よりお詫びを申し上げます。 拉致問題をこの手で解決できなかったことは痛恨の極みであります。ロシアとの平和条約、また憲法改正、志半ばで職を去ることは断腸の思いであります。 しかし、いずれも自民党として国民の皆さまにお約束をした政策であり、新たな強力な体制のもと、さらなる政策、推進力を得て、実現に向けて進んでいくものと確信しております。 もとより、次の総理が任命されるまでの間、最後までしっかりとその責任を果たしてまいります。 そして、治療によって何とか体調を万全とし、新体制を一議員として支えて参りたいと考えております。 国民の皆さま、8年近くにわたりまして本当にありがとうございました。

【関連記事】