Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ自粛に打ち勝ち愛媛プロレスが4ヶ月ぶりの大会を無観客生配信で開催!「コロナ禍の苦悩を失敗で終わらせず経験として活かしたい」

配信

バトル・ニュース

 20日と21日の両日、愛媛県・愛媛プロレス道場にて無観客で行われた『愛媛プロレス自主興行』がライブ配信された。  愛媛プロレスとは、2016年に”四国初のご当地団体”として旗揚げされたプロレス団体。キューティエリー・ザ・エヒメ代表のもとで『プロレスで愛媛を元気に!』をスローガンに掲げて活動し、地域に根ざした社会人プロレス団体として成長を続けている。  愛媛プロレスは2018年の西日本豪雨で被災した愛媛県のために、被災翌日から地元企業の支援のもと1週間毎日被災地へ物資を届け、浸水した家屋の清掃及び撤去作業に従事するなどのボランティア活動を行うなど、地域貢献に力を入れてきた。全国的に知名度も上がり、愛媛をPRするコンテンツとして評価され、エリーが愛媛の情報発信や観光イメージ向上を担う70人目の「伊予観光大使(愛称・いよかん大使)」に就任するなど地元住民たちにも愛されている。  愛媛プロレスでは商業施設や商店街などでのイベントや、災害復興支援のチャリティープロレスなど基本的に無料での大会を開催しており、2019年には118回のイベントで101,087名の観客動員数を記録。地道な活動から徐々にファンを増やしていき、2017年からは年に数回のビッグマッチとして有料でチケットを販売しての自主興行を開催してきた。  そして今年4月12日にもビッグマッチが予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、500枚以上のチケットが売れていたにも関わらず今大会を無観客試合のライブ配信として開催することを決定した。 新たな試みとしてクラウドファンディングでの大会の開催支援を募り、発表から14日目いう異例の速さで総勢189名から目標金額の250万円を達成し一度は大会開催が決まったものの、緊急事態宣言が出されたことを受けこの無観客大会も無期限の延期となってしまっていた。  愛媛プロレスでは、5月から各選手のTwitterアカウントでのライブ配信という形で試合を配信してきたが、正式な大会として開催するのは2月29日以来と約4ヶ月ぶり。  20日の大会では、全2試合ながら四国統一タッグ王者のライジングHAYATO&カーベル伊藤が全日本プロレスから参戦した大森隆男&青柳亮生に勝利するという金星を挙げ、ゆるキャラグランプリにも出場する三福ホールディングスのマスコットキャラでありながら愛媛プロレスでプロレスラーとして闘う間取り太郎のキグルミの中から田中稔が出てくるというまさかのサプライズに視聴者は驚きの声を上げた。  21日の大会では、4月12日に開催予定だったビッグマッチの試合が多く行われ、ザ・グレート・サスケ&新崎人生のみちのくタッグと、スペル・デルフィンとデルフィンの弟子であるイマバリタオル・マスカラスが師弟タッグを組んで対戦。試合はタオルがサスケのサスケ・スペシャルX ver10.2 セグウェイ(物まね禁止)に沈んだが、ジャパニーズ・ルチャの巨匠たちはタオルの健闘を高く評価した。

【関連記事】