Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クルマ&バイクだけじゃない! 非日常を満喫できるホンダの2馬力船外機が面白い!! 

配信

ベストカーWeb

    ホンダといえば、皆さんクルマとバイクを世界中で開発・生産・販売しているイメージを持っているだろう。しかし、「パワープロダクツ」として発電機、芝刈り機、耕運機を、「マリン」として船外機を、「ジェット」として飛行機を作り、陸・海・空すべての移動を手がけるメーカーなのだ。 【画像ギャラリー】あなたも船長になれる! 2馬力船外機「BF2」で行く砂川運河をご覧あれ   創業者・本田宗一郎の「水上を走るもの、水を汚すべからず」を信念として、1964年からつくり続けているという4ストロークエンジン船外機。今回は、その船外機のなかから、国内シェアで4割を占めていて、免許不要で誰でも楽しめる2馬力船外機の人気モデル「BF2」を試乗したので、その楽しさを皆さんにお伝えしたい。  文・写真/編集部

■陸・海・空の移動すべてに参入するホンダ その船外機が面白い! 

    今回試乗したのは、ホンダマリンが製造する2馬力船外機「BF2」だ。国内の2馬力船外機市場にはホンダ以外にも、ヤマハやスズキ、トーハツといったメーカーが参入している。そのなかで、ホンダはそのうちおよそ4割を占める人気ぶりだ。   人気となっている理由は3つある。ひとつ目は、ほかのメーカーが水冷式エンジンを採用しているなか、ホンダは空冷式エンジンを採用している点だ。水冷式の場合、海水を用いてエンジンを冷却するため、使用後には腐食を防ぐために洗浄(フラッシング)をしなければならない。しかし、BF2は空冷エンジンのため、その必要がなくお手入れが楽なのだ。   ふたつ目は、ホンダが誇る名車「カブ」に採用されているような自動遠心クラッチを、クラスで唯一搭載している点だ。これにより、ニュートラルから加速まで、スロットルグリップひとつで簡単に操作可能になっている。   3つ目は、4ストローク2馬力船外機クラスで最軽量となる13.6kgという、一人でも楽に持ち運びできること、そしてセダンのトランクにも入るほどコンパクトな点だ。   ホンダの船外機は、高出力となる75馬力から90馬力モデルでは「フィット」の1.5L 直列4気筒エンジン、115馬力から150馬力モデルは「アコード」の2.4L 直列4気筒エンジンと同じものを使用している。   さらに、175馬力から上のモデルではホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に搭載される3.6L V型6気筒エンジンを採用するなど、四輪モデルのエンジンがベースとなっていることで、高い信頼性と耐久性も保証している。   価格は、Sサイズで13万4200円(税込)、Lサイズで14万800円(税込)となっている。これに今回試乗したようなゴムボート(サイズにより15~30万円)をつけて、30万~40万円ちょっとで入手することができるのは非常に魅力的だろう。

【関連記事】