Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JR西、2020年度に新型新幹線「N700S」を導入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
鉄道コム

 JR西日本は16日、2020年度に新型新幹線車両「N700S」を導入すると発表した。  N700Sは、JR東海が開発した新幹線車両。JR東海では、2020年7月に営業運転に投入している。ATCとブレーキシステムの改良による地震時のブレーキ距離の短縮、「台車振動検知システム」の機能向上、バッテリ自走システムの搭載などにより、従来車両より安全・安定性を向上している。また、フルアクティブ制振制御装置の搭載や、全席へのモバイルコンセントの設置などにより、車内快適性の向上も図っている。  JR西日本のN700Sは、2021年2月以降に2編成を投入する予定。同社では、N700Sの投入により、さらなる安全安定輸送の実現や、異常時対応力の強化、快適性などの向上を図るとともに、車両トラブルなどが発生した場合のより柔軟な車両運用を実現するとしている。  また同社は、2019年の台風19号により被災し廃車となったW7系についても、2021年度下期に代替編成2本を投入すると発表した。車両は既存のW7系をベースとするが、台車には台車モニタリング装置を搭載するほか、車両への着雪を減らす設計とすることで、安全・安定性の向上を図る。

【関連記事】