Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・青柳 初回2失点も自身2度目のけん制刺

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「阪神-中日」(27日、甲子園球場)  先発した阪神・青柳晃洋投手は初回に2失点する立ち上がりとなったものの、プロ5年目で自身2度目となる珍しいけん制刺で、さらなる追加点を防いで見せた。 【写真】青柳のばっちり送球で高橋戻れずアウト!  初回、先頭からの安打などで2死三塁となると、ビシエドに三塁線を破られる先制の適時二塁打を許した。さらに四球を挟んで2死一、二塁から安部に左翼への適時打を許してしまった。  いきなりの2失点という苦しい展開となったが、青柳は冷静さを失わなかった。遠藤を迎えた2死一、二塁の場面で、1ストライクを取ってからの二塁への巧みなけん制球に、二走・高橋が戻りきれずにタッチアウトでスリーアウト。18年以来、自身2度目のけん制刺でピンチを切り抜けると、二回と三回はいずれも3者凡退でリズム良く抑えた。

【関連記事】