Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

関西の大学“対面授業”再開動き オンライン授業と混在で...『大学に来てるのにオンライン授業』の場合も?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MBSニュース

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、対面での授業を中止していた近畿大学で対面授業が半年ぶりに再開されるなど、関西の他の大学でも秋学期からの再開の動きが出ています。 近畿大学では今年4月から全ての授業がオンラインで行われていましたが、消毒など対策を徹底して、9月12日に約半年ぶりに一部で対面授業を再開しました。

(学生2人組) 「半年経ってやっと大学生になったなという感じがします。」 (Q2人は元々友達だった?) 「オンラインで知り合って、昨日初めて対面で会ったんです。一人暮らしの家は借りっぱなしで、家賃は払いつつ、実家で授業を受けていました。」 (学生) 「大学で勉強した方がいいなと。家だと寝ちゃったりとか…こっちだとまじめにいけるかなと。」 「対面授業は週1回なので、あんまり友達と関われないなという感じですね。」

(近畿大学・広報室 村尾友寛さん) 「少人数の演習・実験・実習を伴うような授業、対面でないと教育の効果が得られにくいような授業から、一部再開する形をとっています。」

関西の各大学では対面授業が中止されてきましたが、学費を減額する動きは見られず、学生からはコロナ禍で『大学の授業の質が学費に見合っていない』と訴える声も相次いでいます。 (関西学院大学教育学部 江頭翔太朗さん(23)) 「学費の減額と、春学期の一部返金ということを求めようかと思っている。」

そんな中、関西の各大学では9月下旬から一部で対面授業を再開しますが、どの程度再開するかは対応が分かれています。 【各大学の秋学期での対面授業再開率】 ▼関西大学  :約6~7割 ▼関西学院大学:約2.5割 ▼同志社大学 :約7割 ▼立命館大学 :約5割(一部は対面とオンラインの混合)

同志社大学では、9月24日から全授業の約7割の対面授業を再開します。対面授業の教室では、学生の座る位置にシールを貼り、席の間隔が1m以上開くようにしています。

【関連記事】