Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新井貴浩が振り返る“感謝の現役生活”「ドラマでもないような、幸せな4年間だった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 カープが3連覇を果たした2016~2018年、精神的支柱としてチームを支えた新井貴浩氏。短期連載の最終回となる第4回目では阪神移籍後も感じていたカープへの愛着、そして感動の25年ぶりの優勝のシーンなどを振り返っていく。 【写真】“次代の4番候補”カープ林晃汰が語る自身の魅力。「恐れず、思い切って振る!」 ◆離れていてもカープが好きだった  本塁打王を獲得した2005年以降、僕はレギュラーに返り咲き、主に4番として試合に出るようになっていました。ちょうどその時期、投手陣のリーダー的存在が黒田博樹さんでした。  あの頃、チームの立場としては黒田さんがエースで僕が4番。お互いに投打の主力として自分の事よりもチームの事を考えるようになっていました。そして黒田さんと一緒に食事に行く機会が増えたのもこの時期です。そこではずっとチームの話、野球の話をしました。チームとして低迷していた時期だったので、「投手陣と野手陣がバラバラだったら絶対に勝てない。チームとしてまとまって戦っていかないと、自分さえ良ければ良いという考えであれば、カープというチームは絶対勝てない。だから俺たちで変えていこう」と、そういう話を2人でよくしていました。  ですがその後、僕は阪神へ移籍して7年間カープと対戦することになりました。改めて外から見ていて、カープというチーム自体がアットホームで暖かいチームだなと感じさせられました。たとえるならば、親元を離れて改めてその良さが分かったと言えるかもしれません。  2014年オフには、黒田さんと同じタイミングでカープに復帰することになりました。まさか『帰ってこい』と言われるとは夢にも思っていなかったですよね。僕はカープに帰りたいと思っていましたが、『でもお前は帰っちゃだめだぞ』と考えるもう一人の自分もいてすごく悩みました。でも、最終的にはやっぱりカープが好きだったんです。その気持ちが勝ちました。そこは一貫して持っていました。

 若い頃カープにいた頃も、カープから離れたときもカープに対する想いは変わりませんでした。カープが好きという、僕の思いは変わりませんでした。それはやはり、生粋の広島県人であり、小さな頃からカープファンですからね。僕の遺伝子にカープが刷り込まれているというか、そういうものがあったのかもしれませんね。  カープ復帰後の4年間は、本当に思い出に残る時間でした。個人的に一番印象深いのは2016年9月10日、東京ドームでの巨人戦で優勝を決めた直後、黒田さんと抱き合ったシーンです。今でもその当時のことを思い出すと、自分でも鳥肌が立ちますし、グッときますね。  現役最後の3年間は3連覇を経験することができました。第二期黄金期と言える時代が訪れたのは、日本を代表する良い選手がたくさんいるなどいろいろ要素があると思いますが、チームのためにプレーできる選手が増えたというのも大きな要因だと感じています。  やはり個人の力の集まりがチーム力ではなく、みんなの心と心がつながっていないと、チームは強くはなれません。3連覇当時は、みんなの心が一つになっていたからこそ、勝てたのだと思います。現役最後の最後で、自分の引き際を後輩たちがつくってくれたというか、そういう点では後輩たちに感謝しかありません。

【関連記事】