Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライアン・レイノルズ、Netflixの新作コメディ映画『Upstate』に主演&脚本で参加

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 映画『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズが、自身が主演するNetflixのコメディ映画『Upstate(原題)』で、共同脚本を手掛け、エグゼクティブプロデューサーとしても参加することが明らかになった。 【写真】ライアン・レイノルズが脚本にも参加した『デッドプール2』フォトギャラリー  Varietyによると、ライアンはジョン・オーガストと共同で脚本を手掛け、ジョンもライアンと同じくエグゼクティブプロデューサーに名を連ねる。現時点であらすじなどの詳細は不明。  ジョンは、2007年に公開されたライアン主演のSFスリラー『9‐ナイン』で脚本と監督を務めており、今回再び組むことになった。  Netflixとは、ライアンが主演したアクション映画『6アンダーグラウンド』でタッグを組んだほか、ガル・ガドットやドウェイン・ジョンソンと共演の『Red Notice(原題)』を撮影している。  ライアンは大ヒットした映画『デッドプール2』でも脚本を手掛けていた。ジョンは、『ビッグ・フィッシュ』や『チャーリーとチョコレート工場』の脚本を手掛けるなど、ティム・バートン監督とのコラボレーションで知られる。このほか、ディズニーの実写版『アラジン』も手掛けた。また、小説家としても活躍している。

【関連記事】