Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横峯さくら独占インタビュー 妊娠発表も「引退はない」“ママ計画”と勝利への欲望

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Number Web

 9月8日、プロゴルファー横峯さくらは所属事務所を通じて、第一子の妊娠を発表した。現在は妊娠5カ月の安定期に入り、医師の判断のもとでプレーしているという。 【写真】いい笑顔!横峯さくら、劇的な逆転劇で賞金女王に輝いた瞬間。メジャー制覇を達成したあの人は米ツアーの同期?(4枚)  その発表から数日後、横峯はオンラインによるインタビューに応じてくれた。  ふんわりとしたグレーのブラウスに身を包み、「今日は宜しくお願いします」と礼儀正しく頭を下げた。その姿は、1月の米ツアー第2戦でお目にかかった時と変わらないように見える。 「いや、ちょっと前に測った時、4kgぐらい増えていました」  そう言って微笑む姿に、母親になる嬉しさが滲み出ていた。

飛距離は落ちた、でも体調は問題ない

 現在は無理のない範囲でゴルフに取り組んでいるという。 「妊娠前は朝から晩まで200~300球を打って、18ホールをプレーし、トレーニングもしていました。今は、お昼ぐらいからハーフ(9ホール)を回って、日によって練習場で打ったり、打たなかったりという感じです」  出産を経験した全ての女子プロゴルファーは「お腹が大きい時は、ドライバーが飛ばなかった」と口を揃えて言う。それに横峯も同意する。 「それこそ2日前ぐらいにゴルフをしたら、飛距離がすっごい落ちていました。15~20ヤードぐらい。ミート率がすごい低くなって、(インパクトの)タイミングが難しいなって」  たとえゴルフに支障があっても、体調に問題はない。2カ月ほど前に食べつわりの症状があったものの、今は落ち着いた。 「(その期間に)吐くってことは一回もなかったのですが、1日中ずっと何か食べたいみたいな。毎晩、お菓子をつまみたくなったんですけど、体重が増えるペースが早かったことと、カロリーなどを考えて、お菓子の代わりに桃やミカンなどフルーツを食べていました」  今季は米女子ツアーの産休制度を利用し、出産後の2021年後半を目処に競技復帰を目指す。

「引退はないです」と即答

 今年の12月、横峯は35歳になる。すでに輝かしいキャリアを築き上げ、年齢的に「引退」の2文字が頭を過ぎることもあっただろうか。  しかし、横峯は「引退はないです」と即答する。  米ツアーでは出産後に引退するより、復帰する選手の方が断然多い。無料のデイケアサービスが帯同し、働きやすい環境が整っていることで、選手は安心して出産し、そして競技復帰を選択できる。  ジュリ・インクスター、クリスティ・カー、カトリオナ・マシューなど、“お母さんゴルファー”の活躍を間近で見たことで「いつか子供ができたら、私も必ず復帰する」と以前から決めていたと横峯は語る。  ただ、ゴルフのモチベーションを失った時期はあった。2009年に国内ツアーの賞金女王になった後である。 「(プロゴルフ人生最大の目標を達成したことで)燃え尽き症候群みたいになってしまって、いつ辞めてもいいと思っていました」 

【関連記事】