Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

麒麟・川島明、話題のインスタ芸「タグ大喜利」が書籍化。これが究極の「写真でひと言」だ! 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

お笑い界トップクラスの大喜利実力者である麒麟・川島明が、お笑い純度の高い、超ストイックなネタ本『#麒麟川島のタグ大喜利』を発売! インスタグラムに投稿し始めたきっかけや原点でもあるハガキ職人時代の秘話を聞いた。 【写真】「タグ大喜利」を語る川島氏 ■衣装より肌着のほうがボケを考えやすい ――本が発売されてからの反響はありましたか? 川島 みちょぱ(池田美優)やダレノガレ(明美)ちゃんが読んでくれてたり、芸能界の人で買ってくれてる人が多いんです。 ――GENKINGさんや、はあちゅうさんもSNSで「本が届いた」と投稿してましたね。 川島 そうなんですよ。結婚式をしたときに「こんな人までお祝いしてくれるんや」みたいなのがありますけど、あんな感じです(笑)。だから本を出してよかったなとほんま思いましたね。 ――そもそもインスタグラムで「タグ大喜利」をやろうと思ったきっかけは? 川島 もともとインスタにいろんな写真を投稿してたんですけど、「いいね」の数はよくて1000ぐらいだったんです。でもエアコンを掃除した写真に「#ポケモンの対戦画面か」とハッシュタグをつけたら、地味な写真なのに「いいね」が5000ぐらいついてコメントもめっちゃ来たんですよ。そのときに「今まで一生懸命、旅行先の写真を撮ってたんはなんやったんや」と思って(笑)。 そこで「写真も言葉ひとつでよくなるのかな」と。それから打ち上げで撮った千鳥・ノブの(差し歯の抜けた)写真に「#ドキュメントの最後のカット」とつけて載せたときに「いいね」が1万くらいついて、今の形になりました。 ――特に反響が大きかった写真はなんですか? 川島 千鳥・大悟の居酒屋での写真は「いいね」が5万くらいつきましたね。あとはブラックマヨネーズの小杉(竜一)さん。タグ大喜利のことは言わずに「カッコいい写真を撮らせてください」と言ったんです。 それで、その写真に「#インドネシアのたばこを吸う赤ちゃん」とつけたんですけど、たまたま翌日に朝の情報番組が僕のインスタを取り上げてくれて。そしたら小杉さんから連絡が来て、「どういうこと? カッコいい写真を撮るって言ってたのに、なんで俺が、たばこを吸うインドネシアの赤ちゃんなん?」って(笑)。

【関連記事】