Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レジ袋きょうから有料化 店は?お客は? プラスチックごみの削減につながるか

配信

静岡朝日テレビ

 きょうから全国でレジ袋の原則、有料化が始まりました。プラスチックごみの削減が目的です。  静岡市駿河区にある文具店では、きょうからレジ袋を有料にしました。入り口やレジの前に張り紙をして、来店客に知らせています。 文房館 コバヤシ:「今日からレジ袋のほうが有料になりますが、マイバッグはお持ちでしょうか?」 お客さん:「持っているので大丈夫です」  この店では、サイズによってレジ袋を1枚3円から10円で販売しています。金額は小さくても積み重なれば利用客の負担が大きくなるレジ袋の有料化。キャッシュレス決済のポイント還元終了とタイミングが重なったこともあり店側は客離れを心配しています。 文具館コバヤシ 本川正純専務: 「タイミングは非常に厳しいタイミングだと思います。若干の違和感、抵抗はあると思うんですけども、小売店すべてで有料化だということですので、徐々に慣れていくのかなと思う」  レジ袋が有料となり来店客にも変化がみられました。 鈴木誠記者:「こちらの文房具店ではこのようにエコバックも販売しておりますが、既に持っている人も多く、意識の高さが伺えます」  今まで、エコバッグを持って店に来る人は少なかったといいます。しかし、きょうの午前中は2人に1人ほどがバッグを持参していました。 記者:「きょうからレジ袋有料化ってご存じでした?」 エコバックもってる女性:「はい、わかっててもってきました。それはいいと思います。有料化でゴミが減るっていう感じで」 エコバックなしの男性:「レジ袋がゴミにならなくていい。釣りやっているので、気になってました。それが引っかかっていた」  プラスチックごみ削減につながるエコバッグですが、店側は新たな悩みに直面しています。それが新型コロナウイルス。店員が感染していた場合、商品を袋詰めすることで感染を拡大させるリスクを心配しています。 文具館コバヤシ 本川正純専務: 「やはりコロナの影響で、お客様も従業員もお互いに、マイバッグに対して自分が入れたほうがいいなという思いでしょうし、お互いのためにお客様に入れていただいた方がいいと考えている」