Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイクのサスペンション入門「プリロード整で劇的に乗りやすく!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

大排気量スポーツバイクのサスペンションは、さまざまな調整機構がついているけれどイチバンに触るべきは、大抵のバイクが装備している「リヤショックのプリロード」。乗りやすさと安全性を確保するために、まずはここから調整だ!

サスペンション入門の第一歩 自分の体重に合わせてまずプリロードを調整しよう

バイクが“曲がる性能”を発揮するには、正しい車体姿勢と、きちんと路面を追従できるストローク量が重要。それを決めるのが「プリロード調整」。まずはメーカーの標準設定で、下に記した方法でストローク量を測ってみよう。 当然ながらライダーの体格でステップ3の“乗車1G”の数値が変わるが、これをステップ2で計測して空車1Gから引いた値が25~30mmならおおむねOK。もし足りない場合( 25mm以下)はプリロードを弱め、多すぎたら強めよう。そして調整後は1Gと乗車1Gを再び計測して、ストローク量を確認しよう。

とくに重要なリヤのストローク量を3つの状態で計測する Step 1 : 0G リヤタイヤを浮かせた状態で計測

〈0Gの計測結果:525mm〉 少々大変だけれど、ひとりがハンドルを支え、二人でタンデムステップ等を持ち上げて、後輪を浮かせてリヤショックが伸び切った状態を計測。この数値はリヤショックを交換したり、車高調整機能をイジらなければ変化しない。

〈計測前にチェーンの張りを確認。タイヤの空気圧も忘れずに!〉

チェーンの張りがキツ過ぎると、バイクの自重やライダーが跨ってもリヤショックが沈み込まないので要注意。またタイヤ空気圧が正常でないと、ハンドリングが大きく変わるので計測前に必ずチェック!

〈計測する起点と終点をマーキングで明確にする〉

ストロークを計測する場所は、後輪のアクスル軸と、その真上のテールカウルやウインカーなど目印にしやすい場所(マスキングテープ等で印をつけるのがおススメ)を決めて、その間隔を測る。

Step2:1G バイクの自重で沈むストロークを計測

〈1Gの計測結果:515mm〉 〈0G(Step1)から1G(Step2)の沈み込み量:525mm-515mm=10mm〉 ハンドルを支えて車体を直立させ、バイクの自重で沈み込む量を計測。この数値はプリロード調整を行うと変化する。ここで0G から1Gを引いた数値はあくまで参考値だが、あまりにストロークが少ないと路面追従性が悪くて危険だ

【関連記事】

最終更新:
FUNQ