Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「喜びが溢れてる」浦井健治『メイビー、ハッピーエンディング』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
チケットぴあ

韓国のミュージカル賞を総なめにしたミュージカル『メイビー、ハッピーエンディング』が8月11日(火)に開幕する。日本人キャスト版初上演となる本作で主演を務める浦井健治に、稽古場にて話を聞いた。 【画像】インタビューの模様 本作は、ウィル・アロンソ&ヒュー・パーク作の、人間よりも人間らしいヘルパーロボット達が織りなす、愛らしくちょっと切ない物語で、2015年の韓国トライアウト公演後、2016年に初演、2017年再演、2018年再再演、今年1月にはアメリカ公演も行われた大ヒットミュージカル。3人芝居の作品で、今作では浦井健治、中川翔子・花澤香菜(Wキャスト)、坂元健児・ジャングルポケット斉藤慎二(Wキャスト)が出演し、翻訳・訳詞・演出は上田一豪が手がける。 「カンパニーには、稽古ができるという喜びが溢れています」と嬉しそうに話す浦井。作品については「先日、坂元健児さんがおっしゃっていたことが印象的でした。あんな百戦錬磨の先輩が、『自分の歌で感極まっちゃって、声が震えて歌えない』って。楽曲、そして脚本が本当に素敵なんです。人が生きるうえで大切なものとか、こうでありたいよねっていう理想が描かれているのだけど、それが押し付けではなく、たゆたうようにと言いますか……すごく温かな空気の中で伝わってくる。こういう感動の仕方はあまりないと思いますよ」と絶賛だ。 描かれるのは、ヘルパーとしての役目を終えたロボットたちのストーリーだが、「“ヘルパーロボット”ってよく思いついたなって思うくらい(笑)、素敵な題材だと思います。ロボットだからこそ描ける純真ピュアな感情があって、そこに僕らは感動する。お客様は、彼らが愛おしくてたまらなくなるはず」。ロボットならではの動きもあるそうだが「稽古場に“ロボット先生”がいるのですが、戯曲から読み取って考えてくださるので、(ただロボットっぽいだけではなく)敢えて人間のように動くシーンもあるし、最近は、ロボットの動き自体から“元持ち主との生活”を想像できる余白もつくれるんじゃないか、というトライアルもしています。すごく楽しいです」。 バラエティ豊かなキャスト陣は「異種格闘技戦ですよね(笑)。でも皆さん大人で、いい意味で肩の力が抜けていて、みんなで支え合っているし、誰のことも置いていかないメンバーです。少人数だからこそ、それぞれのキャラクターを尊重し合って、それを歌声やキャラクターに乗せていくことを、みんなで感じ合っている。組み合わせによって違う感触が味わえる作品になっていくんじゃないかな」と明かす。 浦井が「今この時期にできるのがこの作品で最高にハッピー」と話す本作は、8月11日(火)から30日(日)まで日比谷・シアタークリエにて上演予定。 取材・文:中川實穂