Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハード系ベーグルに出会えるお店「CAMELBAGEL」 【パンもぐ手帖 番外編1】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファンファン福岡

パンとベーグルが大好きなパンブロガーのナオです! 私が出会ったパン屋さんを気ままに紹介する「パンもぐ手帖 番外編」 記念すべき第一回目は、福岡市城南区長尾にある「CAMELBAGEL(キャメルベーグル)」さん。 バリむぎゅ派なら是非とも味わっていただきたい、福岡で随一のハード系ベーグル店です!

アパートの一階にに店舗を構える「CAMELBAGEL」

こんにちは! ヲタク目線でパン愛を綴るパン柄ブロガーのナオです。 福岡にベーグル専門店と呼ばれるお店がここ数年増えていますが、 街中から離れた住宅地にもひっそりと… いや、特別な存在感を醸し出しているベーグル店があります。 福岡市城南区長尾の住宅街、アパートの一階に店舗を構える「CAMELBAGEL(キャメルベーグル)」さんです。

店先に大きなラクダが待ち構えるその店内は、お客様が二人入れるかくらいの小さな空間。 そこでは研究熱心な女性店主が朝早くから一人でベーグルを焼いています。

開業は4年前。 OL時代にこっそりとお店をスタート。 昼間は会社員として働き、帰宅してから夜中に生地を仕込み、ベーグルを売る日々。 徐々にその美味しさが口コミで広まり、 いつしか常連のお客様も増えたことから意を決して退職。 その後も、店舗営業をしつつ陰ながらパン屋で修行を積み、 昨夏には北海道の小麦農家で働きながら小麦の勉強をしたりと努力を重ね、今や福岡で随一のハード系ベーグル店として知られるようになりました。

そんな努力家の店主が焼くベーグルは、 多いときでは25種類近くにもなり迷わずにはいられません。 (ただいまコロナウィルス対策として短縮営業をしており、 それに伴ってラインナップは少なめに展開されています。)

おすすめをご紹介

■プレーン シンプルだからこそ、そのお店の特徴が色濃く出るプレーンを、 まずは何もつけずに食べてみてください。

北海道産小麦粉を使用し、 季節によってブレンドを変えて作られる生地は、 砂糖控えめで旨味が強く、 歯切れのよい弾力とヒキがあり、 噛めば噛むほどにほんのりと小麦の甘味が広がります。 常連のお客様の中には毎回プレーンだけを何個も買われる方もいるほど。 きっと満足頂けます。

【関連記事】