Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【クイーンS】「3角5番手以下、4角5番手以内」の単勝回収率は224% 夏に強いリープフラウミルヒが今回は熱い

配信

SPAIA AI競馬

4角5番手以内だった馬の単勝回収率は115%

先週のアイビスサマーダッシュは割と堅い決着となったが、今年の夏競馬は波乱となることも多く、穴党の方にとっては、楽しい週末になっているかもしれない。「夏競馬は格より調子」と言われるように、夏に調子の上げてくる馬や北海道の特殊な洋芝を得意とする馬などにも注目したい。では、今週行われる重賞であるクイーンSの予想をしていこう。 【クイーンS2020直前予想2】コントラチェック軽視の理由は?ここで買わなきゃいつ買うの!?本命は展開が向きそうなあの馬!(SPAIA編集部編) 以下のデータは、クイーンSが行われる札幌芝1800m(3勝クラス以上)において、4角の位置別の成績をまとめたものである。 4角5番手以内の馬の成績は、勝率14.9%、連対率25.4%、複勝率33.6%、単勝回収率115%、複勝回収率101%である。それに対して、4角5番手以下の馬の成績は、勝率2.5%、連対率9.6%、複勝率17.2%、単勝回収率39%、複勝回収率64%と、圧倒的に4角では5番手以内にいたほうが有利というデータが見られた。競馬は基本的に先行有利であるので、これは頷ける。

3角、4角ともに5番手以内だった馬の単勝回収率は73%

しかし注目したいのは、札幌芝1800m(3勝クラス以上)において、4角5番手以内だった馬の3角通過順をまとめたデータ。 4角5番手以内の馬のうち、3角5番手以内を通過していた馬の成績は、勝率12.7%、連対率22.7%、複勝率28.2%、単勝回収率73%、複勝回収率94%だった。それに対して、3角5番手以下の馬の成績は、勝率20.6%、連対率35.3%、複勝率52.9%で、単勝回収率224%、複勝回収率150%と、3角で後方にいた馬の成績の方が優秀であった。 これは札幌芝1800mが、東京や阪神といった主要なコースに比べて直線が短く、道中の仕掛け所が重要となるレースであるということと関係している。言い換えると、「コーナーでの加速のうまさが求められるコース」だということ。また今回は、前に行きたい馬が多いのでペースが速く、上がりが掛かる展開になると予想する。そうしたことからもコーナーでの加速がうまく、早めから動ける差し馬を狙いたい。

【関連記事】