Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

’20合法マフラー逸品セレクション【ヨシムラ for ADV150】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

バイクカスタムの真髄として確かな存在意義を持つ「合法マフラー」。その普及に取り組むマフラーメーカー8社が開発・販売している自信作を紹介。マフラーメーカーのパイオニア・ヨシムラは、常に先を見続けながらスピーディな製品開発を展開している。 【関連写真×7枚】’20合法マフラー:ヨシムラ for ADV150

アジア拠点を活用して車両とほぼ同時にリリース

ヨシムラにとっては、レース用を除けばマフラーの法規対応は当然のことで、製品名にも「政府認証」の文字が入る。その上で性能や上質な音、部品や溶接の品質といった要件を高レベルで満たすのが同社製マフラーの特徴だ。 とはいえ、開発に妥協を許さないだけに、同社のマフラーは少しばかり発売に時間がかかるのも事実。ファンからすれば、欲しくても買えない時間は何とももどかしいに違いない。 それを覆すのがヨシムラの最新作、ADV150用のマフラーだ。車両は2月14日に国内発売されたばかりだが、早くも2種類のマフラーが開発を終え、受注もスタートしているのだ(現状はインドネシア仕様への対応だが、日本仕様もすぐに対応予定)。 このスピード開発を可能としたのは、タイの拠点「ヨシムラアジア」の存在だ。主に小排気量用マフラーを生産する同工場だが、昨年秋にADV150を入手(東南アジアでは先行発売)し、日本と連携して開発を進めていたのだという。アジア向けの車両が増加する昨今、現地の拠点を活用することでスピーディな製品展開に繋げているのだ。 ヨシムラにはこのタイ工場を日本に次ぐアジアの開発拠点に育てるという構想も持っており、日本人スタッフも常駐させて”ヨシムライズム”の伝承に挑んでいる。今回のADV用マフラーもその一環で、日本との共同開発でいち早く新製品をユーザーに届けるという新たなチャレンジでもある。 話を製品に戻すと、エキゾーストパイプ径を拡大しつつ部分的に内径を絞る(=管長を伸ばすのと同等の効果がある)などで、全域でSTDを上回るパワーを獲得。さらにサイレンサーの張り出しをできるだけ抑えてルックスにも配慮し、STDと同感覚で着脱できるよう整備性にも考慮。超スピードリリースを実現しつつ、その作り込みに妥協はまったく感じられない。 ーー〈アジアと連携してスピード開発〉3年ほど前に本格稼働したヨシムラアジア。工作機械はもともと日本のヨシムラで使っていたものをそのまま使うこれは生産条件を揃えることで、日本と同品質の製品を作る工夫のひとつ。 【ヨシムラ 機械曲 R-77Sサイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証】●音量:近接89dB・加速81dB ●重量:STBC(チタンブルーカバー/カーボンエンド)2.7kg、SMC(メタルマジックカバー/カーボンエンド)&SSFC(サテンフィニッシュカバー/カーボンエンド)2.9kg〈STD 5.3kg〉●税込価格:SMC6万4350円、STBC6万6550円、SSFC5万7750円 【ヨシムラ 機械曲 GP-MAGNUMサイクロン EXPORT SPEC 政府認証】●税込価格:SSF(サテンフィニッシュカバー)4万5650円(上)、SC(カーボンカバー)5万6650円(下左)、STB(チタンブルーカバー)5万4450円(下中)、SS(ステンレスカバー)4万3450円(下右) ーーR-77S/GPマグナムともに全域でSTDを上回る。エキパイは純正(上)のΦ25mm→Φ27.5mmとしつつ、排気ポート直後は内径をわずかに絞る。写真のヨシムラ製エキパイは試作品で、市販版はステー(矢印)が変更される。 ーーステンレスロストワックス製のマフラーステーや、サイレンサースプリングの共振を抑えるゴムにもロゴを刻むなど、質感への拘りは細部にまで及ぶ。

【関連記事】