Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

作家・浅生鴨「ずっとオマケの人生を生きている感じ」人生観が大きく変わった“交通事故”

配信

TOKYO FM+

ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。5月16日(土)の放送は、作家の浅生鴨(あそう・かも)さんが登場しました。

◆検索する前に必ずやること

浅生さんは、元NHK職員。2009年に開設されたNHK広報局のTwitter(@NHK_PR)で、NHK_PR1号としてツイートによる広報を担当し、企業アカウントの公式ツイートらしからぬ自然な会話や日常的なゆるいツイートが大きな話題に。2014年に退局し、以降は執筆活動を中心に活動しています。 今年1月に、著書「面白い! を生み出す妄想術 だから僕は、ググらない。」(大和出版)を発刊した浅生さんにとって、「妄想は“日常”なんですよね。ごはんを食べたり、呼吸したりするのとほぼ変わらない」と話します。 日常的に妄想するうえに、よくググる(Googleで検索すること)という浅生さん。ひとたび調べるとなると「徹底的に調べ尽くすところまで調べるタイプ」。ただし、「僕は検索する前に、まず1回“自分で考える”という作業を必ずやる。調べてそれで満足して、わかった気になるのが1番嫌だから」とこだわりを語ります。 自身の創作について、「どうせつくるなら、いままでに人が見たことのないモノをつくりたいという気持ちがどこかにあるんでしょうね。だから、1つや2つは“あれっ?”っていうちょっと変な要素が、ちゃんと紛れ込んでいることを心がけている」と言います。 小説をはじめ、自身が手がけるものは“妄想”からスタートしていることが多いそうですが、妄想をそのまま詰め込むのではなく「なにかとなにかを新しく組み合わせたり、使い方を別の視点で見たり、そういうやり方でモノをつくっている。完全にゼロから生み出すよりも、組み合わせを発見する感じ。仕事として世の中にモノを出したいときには、受け入れられないと意味がないので、そこの“さじ加減”は厳密に考えたほうがいい」と語りました。

【関連記事】