Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ポテサラ論争」でTBS国山ハセンアナが番組出演者から集中砲火…「手間暇=愛」説を掲げたところ…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 TBS系情報番組「グッとラック!」は14日、ネット上で話題を呼んでいる「ポテサラ論争」を取り上げた。新婚の国山ハセンアナ(29)が「手間暇=愛」説を掲げたところ、出演陣の反撃にあった。  スーパーマーケットでポテトサラダを買おうとした女性が、高齢男性から「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言われた場面を目撃したツイッターが発端。司会の立川志らく(56)が「日本のじいさんはダメだね」とあきれる中、国山は前夜、妻にポテトサラダを作ってもらったと打ち明け、「とってもおいしかった。総菜と手作り、どっちに愛を感じるかと言ったら、やっぱり手作りのが愛を感じるでしょ」と反論した。  これに2ちゃんねる創設者のひろゆき(西村博之)氏(43)が「別に何でもおいしきゃいい。料理が下手な奥さんと結婚した人って愛情を感じないってことになっちゃう」と突っ込み、劇作家の鴻上尚史(61)が「分かった。今ノロケてるんだ!妻の料理がうまいとノロケてる!」とぶった切った。  さらに志らくから「あなたの場合はそこだけに愛情を感じようとするからいけない」と責められた国山アナ。「そんなヤツじゃないです」とムキになり、「手間暇イコール愛が時代遅れと言うならば、私は時代遅れの人間ですよ」と開き直った。  しまいに志らくから「ずーっとポテサラ作って食ってろ」と突き放され、国山アナは「分かりました、申し訳ございませんでした」と謝罪。鴻上から「新婚だからね。(価値観が)5年くらいで変わりますよ」と諭されると思わず苦笑いした。

【関連記事】