Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画好き鎌田實医師が選ぶ「大好きな音楽映画」ベスト10

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、行動自粛が呼びかけられてからかなりの期間が経った。2019年より前とは違う生活を心がけるにあたり、疲れてきた人も目立つなか、諏訪中央病院名誉院長で長野県茅野市在住の鎌田實医師が、コロナ疲れを吹き飛ばす映画鑑賞法について紹介する。

 * * *  3月からの5か月間、自宅のある茅野を出たのはたった2回。取材や仕事の打ち合わせはオンライン、テレビやラジオの出演もオンラインで難なく行なっている。毎週のように講演会などで全国をまわっていた“旅暮らし”が、もう大昔のことのようだ。  浮いた時間、古い映画を見始めたら止まらなくなった。まず『モロッコ』。久しぶりに見たが、何度見てもすばらしい。90年前にこんな映画が作られていたなんて、信じられない。監督はジョセフ・フォン・スタンバーグ。外人部隊の基地があるモガドールという町に、傭兵としてゲイリー・クーパーがやってくる。マレーネ・デートリッヒが演じるのは食い詰めた歌姫。シルクハットのシルエットで登場するシーンは、実に美しい。  恋に落ちた2人だが、クーパーは鏡に口紅で グッドラックと書いて、砂漠の戦場へと去っていく。デートリッヒは、婚約を決めたお金持ちに別れのキスをして、砂漠に向かって歩き出す。勇壮な鼓笛隊に送られた兵士のあとを追って、ハイヒールを脱ぎ、灼熱の砂漠を素足で歩き始めるエンディングは実に見事だ。  デートリッヒはこの映画の後、大女優になっていく。アガサ・クリスティの『検察側の証人』を原作にした、ビリー・ワイルダー監督の『情婦』では、タイロン・パワーを相手役に、妖艶な美しさを見せつけている。

 ゲイリー・クーパーの作品も追っかけてみた。彼がアカデミー主演男優賞を取ったのが『真昼の決闘』。西部劇のぼくのおすすめは、この作品か『荒野の決闘』。ジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演の『荒野の決闘』は、女性が見ても楽しめるのではないか。この映画が作られたのはぼくが生まれた年の2年前の1946年。大学生になってから、文芸座の3本立てで観たような記憶がある。  小説にも飛んでみた。映画『モロッコ』と同じ、モガドールを舞台にした小説『空気の名前』(アルベルト・ルイ=サンチェス著、白水社)という小説を、数年前、アフリカを旅行しながら読んだ。女性へと脱皮していく少女を、メキシコ出身の作家が美しい文体で描写している。  映画館に少しずつ人が戻りつつあるなかで、『海の上のピアニスト』が約20年ぶりに4Kデジタル修復版と、当初イタリアで公開された170分版で、8月21日からロードショーされる。  DVDで見たが、映像が美しく、すばらしい。監督は『ニュー・シネマ・パラダイス』や『鑑定士と顔のない依頼人』のジュゼッペ・トルナトーレ。生まれてから一度も船から下りたことのないピアニストが、ジャズピアニストと船の上で対決する。これが圧巻だ。  映画と音楽は、切り離すことができない。映像を見ると音楽を思い出し、音楽を聴くと映像を思い出す。そこで、記憶をたどりながら大好きな音楽映画ベスト10という遊びを始めてみた。  1位は、見終わった直後だったこともあって、やっぱり『海の上のピアニスト』。2位は2年前大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』。3位は第二次世界大戦におけるワルシャワを舞台にした、ロマン・ポランスキー監督の『戦場のピアニスト』。『ローズマリーの赤ちゃん』のポランスキーがこんな映画を作るのかと思って感動したのを覚えている。

【関連記事】