Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

神戸が三浦新体制初陣を大勝で飾る! 古橋亨梧の2発など4ゴールで今季初の2連勝!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

古橋が2試合連続で2ゴールと好調を示す!

 J1リーグは9月26日に、各地で第19節の3試合を開催。ノエビアスタジアム神戸では、ヴィッセル神戸対北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれ、4-0と快勝した神戸が三浦新体制初陣を勝利で飾った。    三浦淳寛新監督の初陣となった神戸は、出場停止となっているセルジ・サンペールと西大伍の穴を埋める形で、藤谷壮と安井拓也が先発出場。2連敗中と苦しむ札幌は、特別指定で在籍する小柏剛(明治大)と中野小次郎(法政大)の新戦力2名がスタメンに名を連ねた。    試合は、立ち上がりから勢いよく攻め込む札幌が開始1分に、ペナルティエリア左での小柏との連携から、菅大輝が強烈なシュートを放つ。しかしこれは前川黛也の好セーブに阻まれる。    セカンドボールへの反応がはやく、バイタルエリア付近で波状攻撃を仕掛けるなど、試合を優位に進める。守備でも相手の得点源であるドウグラスに対し、キム・ミンテがマンマークで自由を与えない。    しかし、先制したのはホームの神戸だった。19分に左サイドで酒井高徳がアンドレス・イニエスタとのワンツーで抜け出すと、ペナルティエリア左から丁寧なマイナスのボールを送る。これに反応した古橋亨梧が、冷静に右足でゴール左に流し込む。古橋は今シーズン9ゴール目となった。    34分には古橋が左サイドを突破してグラウンダーのクロスを供給。ゴール前に走り込んでいたドウグラスがフリーで合わせるもボールはGKの正面に。    攻勢を強める神戸はさらに45分にも、イニエスタの相手の隙を突くロングスルーパスを受けた古橋が、ゴール正面からシュートを放つも相手DFのブロックに遭う。しかし、このこぼれ球に反応した郷家友太が、落ち着いて右足でネットを揺らし、追加点を挙げる。神戸の2点リードで前半を折り返す。    後半の立ち上がりもアタッキングサードでボールを握り、札幌が良い入りを見せる。51分には小柏がゴール前でGKとの1対1の状況になるも、神戸DFがしっかりと身体を寄せてシュートを打たせず。    すると神戸は62分、相手の猛攻を受けるなかでイニエスタがボールを拾うと、すぐさま前線に残っていた古橋に向けてパスを供給。これを受けて、フリーで持ち上がる古橋が最後はしっかりと右足でネットを揺らし3点目を奪う。古橋は2試合連続の2得点と好調を示した。    さらに90分にも小田裕太郎のJ1初ゴールでリードを広げた神戸が4-0の快勝。チームに勢いをもたらすホーム3勝目、今季初のリーグ2連勝で三浦新体制初陣に花を添えた。一方、札幌は3連敗と厳しい状況が続いている。    次戦はともにホームで、神戸が30日に名古屋グランパスと29節、札幌は10月3日にベガルタ仙台と20節を戦う。   構成●サッカーダイジェストWeb編集部 【動画】イニエスタの絶妙ロングスルーパス! 最後は郷家がしっかりとネットを揺らす

【関連記事】