Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保建英という稀有な才能 その前途に拡がる可能性と微かな懸念

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

飛び級を繰り返した育成年代

久保建英という稀有な才能 その前途に拡がる可能性と微かな懸念

ジュニア時代から注目を集める久保建英。【写真:Getty Images】

「日本に帰ってきて最初は練習に行きたくなかった。いいことばっかりではなかったですけど、自分の力とみんなの助けもあり、1人前の選手として(FC)東京を背負って世界に羽ばたいて行けることを非常に誇らしく思います」2019年コパアメリカ(ブラジル)での1次リーグ敗退から5日後の6月29日。レアル・マドリード移籍が決まった久保建英は新たな旅立ちに向けた挨拶を行った。重要なのはここから先だ。将来を嘱望され、18歳で98年フランスワールドカップに出場した小野伸二(札幌)や17歳で史上最年少のA代表となった市川大祐(清水普及部コーチ)はケガや環境の問題に直面。理想的な成長曲線を描けなかった。果たして久保の才能はどう育まれていくのか。ここまでの軌跡を振り返り、今後の課題や成功への条件を検証する。(文:元川悦子 2019年8月発売『フットボール批評25』を転載)

本文:4,187文字

写真:2
  • ブラジル開催のコパアメリカで、国際基準のパフォーマンスを発揮できると証明した久保建英。満を持して欧州再上陸を果たす。【写真:Getty Images】

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

フットボールチャンネル編集部

フットボールチャンネルの有料記事

PayPay残高使えます