Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

眞子さま、秋篠宮ご夫妻も介入できない「結婚一時金」は“減額されても”1億4千万円!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「9月16日、眞子さまはご自身が総裁職を務める『日本工芸会』が主催する『日本伝統工芸展』に足を運ばれました。外出自体は6月16日の『香淳皇后二十年式年祭』、祭祀以外のご活動は1月17日の『日本伝統漆芸展』以来で、約8か月ぶりとなりました」(皇室担当記者) 【写真】ブロンドの美女とコスプレを楽しむ小室圭さん  当日は、新型コロナウイルス対策も万全だった。 「総裁賞の作品などをご覧になりながら“毎年楽しみにしています。コロナ禍でも力を入れた作品が多く並んでいることがとてもうれしいです”といった感想を述べられたそうです。  昨年までは100名以上が参加していた行事ですが、今回は30名ほどに減らし、検温や消毒、マスク着用などのコロナ対策を徹底。現場の記者たちもソーシャルディスタンスを保つことが義務づけられるなど、事前に慎重な検討が行われたうえでご出席が決まったのです」(同・前)  ただ、コロナ禍になって以降、公務をいっさい行われていなかった皇室において、なぜ眞子さまが“いちばん早いお出まし”になったのか。 「皇室の中でも秋篠宮家は、外出自粛を徹底されており、コロナで影響を受けた各業界の関係者からオンラインで頻繁にご接見を行っています。  両陛下ですら、最重要公務である『全国戦没者追悼式』以外の公務には、1件もお出ましになっておられません。  そんな中、あえて現地に赴かれたのは、眞子さまご本人の強い希望があったからだと思われます。  来年には、小室圭さんと結婚されるという確信がおありで、総裁職として展覧会をご覧になる機会が、もう数少ないとお考えになったからなのでは」(皇室ジャーナリスト)  眞子さまの中には確固たる“未来予想図”が描かれている一方で、9月11日の誕生日に伴って紀子さまが公表された文書回答が物議をかもしたのだ。

皇室を離れる皇族に“一時金”支給は必須

「眞子さまの結婚問題に関する質問に対し、話し合いが行われていることを明かされたのですが、“意見が違ったり”することや“長女の気持ちをできる限り尊重したい”といったおことばから、“小室さんとの結婚だけは容認できない”という思いが伝わる文書回答だったのです」(同・前)  象徴天皇制に詳しい名古屋大学大学院の准教授・河西秀哉さんも、次のように話す。 「紀子さまのお誕生日文書からは、小室さんとのご結婚は認めたくないという思いと、眞子さまは結婚したいという意思が強いことが、にじみ出ていたと感じました。  秋篠宮家はこれまで、個人の意思を尊重するスタンスだったので、眞子さまの結婚に反対してしまうと、ご自分たちが行ってきたことを否定してしまう“ジレンマ”があるのだと思います」  母娘の意見は依然対立したままのようだが、この結婚に反対する国民も少なくない。理由のひとつとして今後、結婚された場合に支払われる“一時金”が挙げられる。  「『皇室経済法』では、皇室を離れる女性皇族に対して、国から一時金を支出すると定められています。金額は、国会議員などから構成されるメンバーで『皇室経済会議』が開かれ、決定されます。  例えば'05年に結婚された黒田清子さんには、皇室経済法で規定されている満額の1億5250万円が支払われました。眞子さまも同額程度の支給がなされる見通しです。  しかし、この一時金の原資は国民の税金。小室さんをよく思っていない国民からは、インターネット上などで“結婚するなら一時金を支給してほしくない”“一時金を支給してほしくないので、皇籍を離脱された後に結婚してほしい”といった声が上がっているのです」(前出・皇室担当記者)  確かに『皇室典範』では、《年齢十五年以上の内親王、王及び女王は、その意思に基づき、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる》と明記されている。つまり、眞子さまが希望したうえで、皇室典範で定められた『皇室会議』で可決されれば、皇室を離れることはできる。しかし……。 「皇室経済法では、結婚に限らず、皇室を離れる皇族に対しては、皇室経済会議で決めた額の一時金を支給すると規定されています」  そう話すのは、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さん。

【関連記事】