Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で就活が激変!オンライン面接で気をつけたい5つのポイント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は就活生の就職活動にも大きな影響を与えています。依然、感染拡大と減少を繰り返しており、今後の企業の採用活動も予定が確定しにくい状況です。 そうした中、内定獲得に向けて頑張っている就活生の皆さんのために、就職面接のポイントとNG項目を紹介します。

コロナで混迷…2020年7月時点の21年新卒の内定状況

COVID-19で2020年の就職活動の予定が狂ったという人も多いでしょう。リクルートキャリアが7月1日時点の就職内定率を公表しています(※1)。大学生(大学院生除く)の内定率は73.2%。前年の20年卒の同時期と比べて11.9ポイント低くなっています。 6月になり緊急事態宣言も解除され、徐々に対面での面接が増え始めたように思われましたが、7月の再拡大の状況により、リモート面接に戻りつつあります。

コロナ禍で変わった!面接のオンライン化の注意点は?

 電波が安定している場所や静かな空間の確保 オンライン面接で気を付けなければならないことのひとつに、電波状況の確認があります。 面接の時に相手の声が聞こえない、画面が動かないといった状況は避けなければなりません。また、生活音や雑音が入らないよう、静かな空間であることも重要です。電波がスムーズにつながり静かな場所を事前に準備しておけば、余計な心配をすることなく面接に集中することができます。  バッテリー残量や通知音の設定の確認 パソコンやスマホを使ったオンライン面接では、面接の途中にバッテリー切れが起こらないよう充電の確認は必須。オンラインは想像以上にバッテリーが減ってしまいます。充電しながら面接したほうがより安心でしょう。  画面に映る背景や明るさも配慮 オンライン面接を受ける場所が暗いと、画面越しでは暗い印象に映ってしまいます。また、画面に映る背景も配慮したほうが賢明でしょう。シンプルな壁やカーテンの前のほうが、相手の面接官にも好印象に映ります。  リアクションは意識的に大きめにとる オンライン面接では、対面面接と違い、相手の感情を把握しにくいところにあります。そのため、普段より意識的に大きめなリアクションをとるようにしましょう。また、はっきりとした口調で大きな声で話すことで、面接官も理解しやすくなります。  目線はカメラに。タイムラグを意識 オンライン面接で、画面越しの面接官を見て話してしまうと、相手からは目線が合わない、下を向いて話しているように見えてしまいます。カメラに目線を向けて話すようにしましょう。また、タイムラグが生じることもあるので、相手が話し終わってから一呼吸置いて話すとよいでしょう。焦らないことが肝心です。 オンライン面接に適した環境を整え、話し方やリアクションを意識するほかは、対面での面接と変わりありません。 服装もスーツで挑み、身だしなみも対面と同様に整えて臨みましょう。

【関連記事】

最終更新:
LIMO