Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・松山が先制適時打「積極的に打ちにいきました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「広島-中日」(10日、マツダスタジアム)  広島が初回に先制した。  2死無走者から3番・長野が左翼線二塁打で好機を演出する。4番・鈴木誠は死球で一、二塁となり、5番・松山がカウント2-1から146キロ直球を左翼へ運ぶ適時打。今季初登板初先発の中日・小笠原の立ち上がりを攻め、1点を奪った。  松山は球団を通じて「積極的に打ちにいきました。いい先制点になりました」とコメントした。

【関連記事】