Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年収5000万のプロゲーマー。一生やれる「好きなこと」でお金持ちを目指せ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MEN’S NON-NO WEB

経営×ゲームのかけ合わせで、年5000万円稼ぐ敏腕プロゲーマー

【けんきさん】 プロゲーマー 1993年生まれの26歳。大学時代からYouTubeでのゲーム配信を始め、社会人2年目でプロゲーマーとして独立。プロゲーマー集団「父ノ背中」副代表として、数多くのeスポーツ大会へ出場し、好成績を残す。さらにアパレルプロデュース、エナジードリンクプロデュースなどを手がけ、大会賞金以外の収入で、現在年収5000万円。今も最低1日5時間、多いときで15時間ゲームに没頭する生活。

ビジネス本を読みあさる学生時代。 大会賞金に頼らず生きる、経営視点を持つゲーマー

――現在年収5000万円とのことですが、プロゲーマーは、ゲームに強ければ大金を稼げるものなのでしょうか?  ゲームプレーヤーという立場だけでは難しいです。稼ぐためには賞金だけでなく、動画配信の収益化、ゲームを他のビジネスへ展開させるなどの工夫が必要です。僕自身、大会賞金は所属するゲームチームに還元して受け取らず、それ以外で稼いでいます。  僕がゲーマーとして活動し始めたのは、大学4年の就活が終わった時期。趣味のゲームをどうせなら収益化させようと、プレー動画の配信を始めたのですが、その収益は一般的なサラリーマンの約2倍の月収。それでもだいぶ稼げているほうでしたが、年収数千万円単位には届きませんでした。社会人2年目頃から、プロモーション活動が功を奏し、スポンサー企業様もつくように。その頃、会社を辞め、ゲーマーとして個人事業主に。今では動画配信でも、PR案件だと1本100万円を超える収益を得ることもあります。 ――具体的に、ゲームをどんなビジネスに展開?  アパレルと、エナジードリンクのプロデュース業です。アパレルは、まだ日本で文化が根づいていないeスポーツ業界全体のブランディング強化のため。プレー中につけるアームバンドやeスポーツ業界発のオシャレな普段着を販売することで、ゲーマーに対するオタク的な固定観念をくずしたいと考えています。エナジードリンクは、自分の配信やSNSを見てくれている方の属性を調べたところ、購入している方が多かったので「ゲーマー専用品を作れば売れる」と確信。売り上げは好調です。

【関連記事】