Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山本浩二、和田一浩、糸井嘉男……30歳を超えてから覚醒した選手たち

配信

週刊ベースボールONLINE

 大器晩成――プロ野球で活躍した選手の中には30歳を超えてから成績がピークを迎えた選手も少なくない。「ウサギとカメ」で言えば足の遅いカメだが、地道に一歩ずつ前に進み、苦境を乗り越えて身につけた技術で長年活躍してきた。山本浩二、和田一浩は30歳を超えてから全盛期を迎えて名球会入りを果たしている。遅咲きで覚醒した選手たちを振り返ってみよう。 糸井の次のスターは? コンバートがきっかけで大成した選手

・山本浩二(広島) ※通算成績 2284試合出場、打率.290、536本塁打、1475打点、231盗塁  NPB唯一の大学出身で500本塁打を達成した「ミスター赤ヘル」。4度の本塁打王、3度の打点王のタイトルはすべて30歳以降に獲得した。20代で146本塁打を放ったのに対し、30代で長距離砲として開眼。5年連続40本塁打以上マークするなど390本塁打を積み上げた。現役最終年の40歳も打率.276、27本塁打、78打点。背番号「8」は広島球団史上初の永久欠番だ。

・和田一浩(西武、中日) ※通算成績 1968試合出場、打率.303、319本塁打、1081打点、76盗塁  西武に捕手として入団したがレギュラーに定着できず、持ち味の打力を生かして2001年オフに外野へコンバート。これが野球人生の大きな転機になった。30歳なった翌02年に30歳で初めて規定打席に到達し、打率.319、33本塁打、81打点と大ブレーク。05年には打率.322で首位打者を獲得した。中日にFA移籍以降も38歳の10年にリーグMVPに輝くなど衰え知らずで、15年に史上最年長の42歳11カ月で通算2000安打を達成した。20代は計149安打だったが、30代以降で1901安打と大輪の花を咲かせた。

・矢野燿大(中日、阪神) ※通算成績 1669試合出場、打率.274、112本塁打、570打点、16盗塁  1991年ドラフト2位で入団した中日時代は中村武志から捕手のレギュラー奪えず、97年オフに阪神へトレード。移籍初年度となる30歳の98年に自己最多の110試合に出場すると、99年にはプロ9年目で初の規定打席に到達し、打率.304をマークした。35歳の03年に打率.328、14本塁打、79打点と球界を代表する捕手になり、2度のリーグ優勝に貢献した。19年から阪神の監督に就任。

【関連記事】