Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

チャラ軽いのに重い? EXIT・兼近、“本当に刺さる”コメント力

配信

オリコン

 EXIT・兼近大樹が、『ワイドナショー』(5月17日放送、フジテレビ系)に初出演し、チャラ男キャラを前面に出しながらも、視聴者に響く名言を残し反響を巻き起こした。SNS上でも「本当に頭がいい」、「聞く気になる言葉選びがうまい」というコメントが飛び交い、芸人として「お笑い第7世代」のど真ん中をひた走りつつ、若年層の代弁者的な立ち位置も形成しつつある。なぜ彼の言葉は権力者や専門家よりも若者に深く刺さるのか? 【写真】ゆきぽよ&EXIT兼近大樹が仲良しデート ラブラブな自撮りも ■「チャラ男がニュース番組!?」と懐疑的な声が…チャラさ全開で時事を切る“腕っぷし”で称賛に変化  『ワイドナショー』への出演時、兼近はスーツ姿で登場すると「よく僕を呼びましたね」と自虐をかまし、ダウンタウン・松本人志に「よく来たな」と激励(!?)された。もちろん兼近は、ニュース番組という“大舞台”でも「(ニュースや新聞は)好きで見てるわけではないというか、やっぱ女性のことを考えてるほうが楽しいんで」と“チャラさ”全開で視聴者の期待に応えていた。  称賛が集まったのは、緊急事態宣言が39県で解除された話題(※放送当時)で「解除よりも緩和という意識を」と呼びかけたシーン。続けて、「『パーティーだ!』ってなったら、また陽性が出る。そうなってほしくない」と、自身のキャラに徹した若者言葉を使用しつつ、さまざまな経済的事情を抱える人たちの存在も考慮し、経済活動と自粛を両立させる必要性があるという“まっとうな意見”を伝えた。  また、「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグをつけてツイートしたきゃりーぱみゅぱみゅが炎上した話題を取り上げたところで兼近は「むずいんですけど、勉強していないと参加したらいけないというのが政治じゃない」、「これを見た若い人が、やっぱり政治に参加したらこういう嫌な思いをするんだな。大人からこういうこと言われるんだ、って衰退していくのがなんかダリーっすね」という私見も。  同番組には、松本のほかにも泉谷しげる、指原莉乃といったご意見番たちが並んでおり、兼近はある種の大抜擢のようにも見えたが、求められるポジションを素早く汲み取って発言するという頭の回転の良さと嗅覚の鋭さに、SNSでは「兼近、ニュース番組でもコメント力がある!」「たしかにそうだと兼近の言葉で気づいた!」と盛り上がりを見せた。

【関連記事】