Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「日本はラッキーな市場」巨大ホテルチェーン・ヒルトンがコロナ禍を勝ち抜く方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

世界118カ国で6100軒以上のホテルを経営するヒルトン。国内でも東京や大阪、沖縄などに17軒のホテルを展開している。 【全画像をみる】「日本はラッキーな市場」巨大ホテルチェーン・ヒルトンがコロナ禍を勝ち抜く方法 2019年に創業100年を迎えた世界有数の巨大チェーンだが、ホテル産業の例に漏れず、新型コロナウイルスにより深刻な影響をこうむっている。 2020年第1四半期(1~3月)の純利益は1800万ドル(約19億8000万円)で、前年同期の1億5900万ドル(約174億9000万円)から大きく減少した。 4月以降、世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大したことで、第2四半期にはさらに大きな打撃を受けることが予想されている。 日本・韓国・ミクロネシア地区の運営最高責任者であるティモシー・E・ソーパー氏は、Business Insider Japanの取材に対し、「値下げは持続可能ビジネスにならない」と、宿泊料の値下げは行わない方針を明言。 「安全性の低いホテルにはいかないお客様もいる」と指摘し、徹底した安全性のアピールを行う姿勢を示した。

日本は「ラッキーな市場」

ソーパー氏は日本の現状について、次のように話す。 「2月以降、日本のホテルの多くが閉鎖を迫られ、国内のヒルトンも例外ではありませんでした。東京ディズニーランドに隣接した東京ベイや、沖縄のホテルなど計6軒が休業し、非常に大きな影響を受けました」 一方で、他国に比べて日本は「ラッキーな市場」とも指摘する。 「例えば、香港やシンガポールはほとんど国内需要がないため、日本とは状況が違います。モルディブなども宿泊需要のほとんどをヨーロッパからの旅行者が占めていて、さらに厳しい状況です。 その点、日本やその他の一部の市場では、国内需要が盛り返してきています」 ソーパー氏が期待しているのは、遠出せず、家の近くで長期休暇のような体験をする「ステイケーション」としてのホテル利用だ。 「これからホリデーシーズンですが、今は海外旅行に行けない状況です。そこで東京にいる人が東京のホテルに、大阪の人が大阪のホテルに泊まるような需要が出てきています」

【関連記事】