Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ランパード「A・ゴメスの獲得? 私サイドで一度たりとも話に挙がっていない」

配信

超WORLDサッカー!

チェルシーのフランク・ランパード監督がU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の獲得に向けた動きを否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 【動画】チェルシー期待の超逸材、ビリー・ギルモア マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月にクラブ史上最年少(16歳と263日)でトップチームデビューを果たしたA・ゴメス。将来のユナイテッドを背負って立つ逸材として期待される若手の1人だが、先月末に満了の現行契約を巡る延長交渉が一向にまとまらず、オーレ・グンナー・スールシャール監督が30日に行われたプレミアリーグ第32節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に向けた公式会見で退団を認めた。 そんなA・ゴメスを巡り、以前から関心が取り沙汰され、移籍先候補の筆頭に挙がっているのがチェルシーだ。しかし、そのチェルシーを束ねるランパード監督は1日に敵地で行われるプレミアリーグ第32節のウェストハム戦に先駆けたウェブ会見で、噂されるA・ゴメス獲得の可能性を訊かれると、「私サイドで一度たりとも話に挙がっていないという点だけは詳しく説明できる。私から話せるのはそれだけだ」と言葉少なに否定した。 一方で、今節の対戦相手でプレーする選手であり、獲得候補に挙がるイングランド代表MFデクラン・ライス(21)についても触れ、「彼は良い選手だ。チェルシーのアカデミー出身者だが、(獲得の)話は出ていない。ともあれ、今季が終わるまで聞かれるいかなる選手についてもそう言い続けるだろうね。話すことなんて何もない」と語っている。 なお、今季限りで契約切れになるものの、依然として延長に至っていないブラジル代表MFウィリアンについては「まだ彼との会話を続けている。まだはっきりとしたことはわからないがね。彼は私がどういう考えなのかを知っている」と説明している。

超WORLDサッカー!

【関連記事】