Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【安田記念】展開から浮上するのはこの馬だ

配信

デイリースポーツ

 「安田記念・G1」(7日、東京)  確固たる逃げ馬が不在で、1分30秒9~31秒5で決まった過去3年のような高速決着にはならない。前々から運んで瞬発力を生かせる馬が有利とみる。 【写真集】マイル王の座は…安田記念有力馬の馬体をチェック  スタートの不安がなくなったアーモンドアイは、他馬の出方を見ながらすんなりと好位を確保。ペースうんぬんは関係なく、道中のアクシデントさえなければ、牡馬相手といえども楽々と抜け出してくるに違いない。史上初の芝G1“8冠”へ死角はない。  絶好枠を引いたダノンプレミアム。レーンの手綱なら正攻法の立ち回りで女王を徹底マーク。何とか直線のたたき合いに持ち込んで勝機を探る。自在性のあるダノンキングリーも好勝負。

【関連記事】