Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三月のパンタシア、Vo.みあ書き下ろしの小説を原案にした「青春なんていらないわ」リリックビデオが1,000万回再生突破

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシア。みあ書き下ろしの小説を原案にした楽曲「青春なんていらないわ」のリリックビデオがYouTubeで再生回数1,000万回を突破した。これは自身初となる記録だ。 「青春なんていらないわ」は2018年8月からボーカルみあ書き下ろしの小説を軸に、「小説×音楽×イラスト」を掛け合わせスタートした自主企画『ガールズブルー』の第一弾楽曲となり、コンポーザーにn-buna、アートワークにダイスケリチャードを迎えた作品となる。青春期の甘く切ない気持ちや憂鬱さを鮮明に描いた楽曲が話題となり、公開当初からリスナーの口コミで大きく広がった。 そんな、三月のパンタシアは、9月30日(水)にニューアルバム「ブルーポップは鳴りやまない」をリリースすることも決定している。 「ブルーポップは鳴りやまない」は、2019年3月発売の2ndアルバム「ガールズブルー・ハッピーサッド」から約1年6カ月ぶりの新作アルバムとなり、n-buna書き下ろしの「煙」や、ポカリスエット 「2分30秒の青春 篇」CMソングになっている「醒めないで、青春」、Nintendo Switch TMソフト「毎日♪ 衛宮さんちの今日のごはん」主題歌の「たべてあげる」など、全12曲が収められる。 三月のパンタシアの大きなテーマである「言いたくても言えない切なさ、もどかしさ」を様々な「青」で表現した、バラエティーに富んだアルバムになっているという。アンプをモチーフにした「鳴りやまない盤(初回生産限定盤)」には、CDに加え、YouTubeで公開されているリリックビデオを収録したBlu-rayと、みあ書き下ろしの小説をまとめた文庫本が付いた豪華仕様に。 三月のパンタシアの世界観を、手に取って、読んで、観て、楽しめる仕様になっているので是非チェックしてみてはいかがだろうか。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】