Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

涼を求め、夏こそ羊毛 汗に強いウールTシャツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

夏のビジネスウエアのインナーが、接触冷感や吸汗速乾といった機能を備えるのが一般的となったように、夏を快適に過ごすためには、休日のファッションも機能を重視したウエア選びが重要となる 夏を快適に過ごすための大人向けクールウエアを取り上げる特集の第2回は、高い吸湿・発散性と消臭機能を持つウールTシャツを紹介する。ウール素材のTシャツは夏涼しく、冬は暖かいなど機能的なことから、登山用のインナーウエアとして長く愛されている。着心地がソフトで、汗冷えや汗の臭いを抑えるため、インナーとしても街歩きのTシャツとしても活躍するだろう。

■吸湿性に優れたメリノウールを使用

ゴールドウインが展開するニュージーランド発のアイスブレーカーは、上質なメリノウール(メリノ種の羊毛)を使用したアイテムを手掛けるアウトドアウエアブランド。メリノウールには天然の温度調節機能があるため、夏は涼しく、冬は暖かい性質を持つ。通気性・吸湿性にも優れ、防臭抗菌効果も高く、天然の高機能素材としてアウトドア用の肌着に重宝されている。 今回紹介するのは、ニュージーランド本国のアウトドア用の定番Tシャツを、より日常着として快適に着用できるよう、シルエットやデザインを改良した「ネイチャーダイ ショートスリーブ ポケットクルー」だ。 ニュージーランド産メリノウール87%、ナイロン13%の生地を使用。ナイロンは耐久性を高めるために使っており、ナイロンの芯にウールを巻き付けた糸なので、ウールの風合いは損なわない。 メリノウール製のリブネックがアクセントとなったデザインで、サングラスなどをホールドできる仕様の胸ポケットも付く。アウトドアのイメージが強いウールTシャツにファッション性をプラスし、日常で着られるTシャツに仕上げた。常に肌をドライにキープできるため、家でのリラックスウエアとしても活躍する。 「このネイチャーダイシリーズは、ブランド内の販売実績では常に上位」(ゴールドウインのアイスブレーカー MD)。30~50代の幅広い年齢層に支持されており、「最近はステイホームによるカジュアルアイテム需要が高まっている」とも話す。 ■汗をかいても臭わず、汗冷えも少ない 「環境に対して負荷を少なく、という世界的な動きを背景に、ウール製品の需要が年々高まっている」と話すのは、今回紹介するフーディニをはじめ、数多くのアウトドアブランドを扱うフルマークス(横浜市)のPR高橋誠氏。アウトドア業界だけでなくファッションシーンにも、ここ数年で「サステナブル」という言葉が広まったという。 こうした環境意識が高い北欧のスウェーデンで生まれたフーディニのウールTシャツ。フーディニでは以前からメリノウール100%のTシャツを展開していたが、独自のデザイン手法である「MTM(Made To Move)」をウールTシャツに組み合わせて新しく開発されたのが、この「Free Tee」だ。 MTMとは、アクティブなポーズをとった人体に直接生地を当てて、そこから立体的なデザインをすることで、さまざまなアクションに対応し、どんな動きでも着心地よくアクティビティーができるようにする同ブランド独自のデザインコンセプト。これを取り入れ、19年の春夏コレクションから発売された。 素材はオーストラリア産のメリノウール100%。17.5マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの超微細なスーパーファインメリノウールを使用しており、なめらかな肌触りを特徴とする。速乾性は化学繊維に劣るものの、汗をかいても汗冷えが少ない性質を持っているという。「天然の抗菌・防臭効果もあり、バクテリアの繁殖を防ぐため、少し極端ですが1週間くらい毎日着ていても臭うことはありません」(高橋氏) ■ソフトな着心地を楽しめる一番人気商品 良質なメリノウールを使用したソックスとアパレルを製造する米国のメーカー、スマートウール。ウールはチクチクするといったイメージを覆す快適な着心地で、世界中に多くのファンを持つ。特にソックスはカラーバリエーションが豊富で、ファッションシーンにおいても人気が高い。 そんな同社のウールTシャツ「メンズメリノ150ショートスリーブ」は、メリノウール87%、ナイロン13%の生地で仕立ててある。混紡生地ではなく、ナイロンにウールを巻き付けた糸で編んだものを使用し、耐久性を高めている。肌に触れるのはウールなので、やわらかな着心地が楽しめる。縫製は凹凸の少ないフラットロックシームで、肌当たりがやさしいのも特徴だ。 繰り返しとなるが、ウールは化学繊維に比べて防臭効果が高く、汗冷えしにくい。吸水量が多く難燃性、天然素材で地球に優しいなどいいことずくめ。通常の中性・弱アルカリ性洗剤で洗濯できるため、日常着としても使いやすい。 「このTシャツは、スマートウールの春夏製品の中では一番人気」(スマートウールの日本代理店であるロストアロー営業部の松田啓孝氏)。アウトドアを趣味に持つ人から支持されているが、最近は一般ユーザーの購買も増えているという。「ソックスを試してみて気に入り、ウールの良さを体感した方が購入するケースも多い」と話す。 (ライター 津田昌宏、写真 野町修平=APT、スタイリング 宇田川雄一)

【関連記事】