Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大迫勇也へ掌返しの辛辣評価。 ブレーメン1部残留でも来季は不透明

配信

webスポルティーバ

ブンデスリーガのレギュラーシーズン最終節。ブレーメン降格回避のヒーローは間違いなく大迫勇也だった。ケルンを相手に、大迫は2ゴールの活躍で6-1の勝利に貢献。長らく沈んでいた自動降格圏(17、18位)から、チームを救出したのだ。 【画像】福田正博が語る大迫勇也のすごさ  大迫は一躍ヒーローとなった。ブンデスリーガ公式のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、ブレーメン情報専門サイト『ダイヒシュトゥーベ』などからも高評価を与えられた。  ブレーメンのスタジアムアナウンサー、アーント・ツァイグラーが開設しているYouTubeチャンネルでは、日本では有名な"大迫半端ないってTシャツ"を着て登場。ツァイグラーがどれだけ事情を理解しているのかは定かでないが、まさにこの日は大迫デーだった。  そして迎えた2部3位ハイデンハイムとのプレーオフ。ところが、初めて1部昇格に王手をかけているチームを相手に大迫は沈黙した。ブレーメンのホームで行なわれた第1戦はスコアレスドローで終わり、大迫は84分に交代。アウェーでの第2戦は68分で退き、やはり無得点で終わった。  後半アディショナルタイムに両チームが得点するという展開になった第2戦は、結局2-2で決着。ブレーメンはアウェーゴールのおかげで残留を果たした。

ハイデンハイムはレギュラーシーズンのラスト2試合で3位に浮上。酒井高徳が在籍した時代に降格したハンブルガーSVを追い抜いて、プレーオフ進出にすべり込んだ。特に個人のクオリティが高いわけではないが、シーズン終盤からの勢いを引き継ぎ、チームに推進力と一貫性が感じられた。この試合でも98分に追いつく、驚異的な粘りを見せた。 『ダイヒシュトゥーベ』によりこの試合の大迫への評価は低かった。採点はFWのミロト・ラシカの4.5に次いで低い4(1が最高点、6が最低点)。「左サイドでプレーし、多くの時間を元ブレーメンの(マルトン=トマス・)ブッシュの守備に苦しんだ。運にも見放されたが、彼は突破力に欠けていた。すべての球際で戦ってはいた」というコメントをつけている。  振り返ると、結果が出なければ、まるでスケープゴートのように扱われてきたのが今季の大迫だった。  もちろん、特にFWの場合、得点という明らかな結果が評価に直結するのは当然である。だが、得点以外で貢献する方法もある。大迫の場合、ブンデスの中では華奢に見えるかもしれないが、どの場面でも誰とでも渡り合えるポストプレーの強さがある。また、ゴール前に張るばかりでなく、少し引いてラストパスを出す器用さも併せ持つ。  今回のプレーオフでも、そんな特長はしっかり見せていた。

【関連記事】