Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岡崎慎司が今季10点目! 決勝弾で勝利に貢献…ウエスカは暫定2位浮上

配信

SOCCER KING

 リーガ・エスパニョーラ第37節が2日に行われ、FW岡崎慎司が所属する3位ウエスカと14位ラス・パルマスが対戦した。岡崎はワントップとして先発出場、68分までプレーした。  前半アディショナルタイム1分、ダビド・フェレイロのクロスに岡崎が頭で合わせてウエスカが先制点を獲得する。岡崎にとっては、今シーズン10得点目となった。また、同選手は日本人選手としては2006-07シーズンの福田健二(当時ヌマンシア)以来となる、リーガ1部または2部で同一シーズンに10得点をあげた選手となった。  ウエスカは岡崎が挙げた1点を守り切って完封勝利。2連勝となったウエスカは、1試合未消化の2位レアル・サラゴサ(MF香川真司所属)と勝ち点「61」で並び、当該チーム同士の対戦成績により暫定2位に浮上。ウエスカは次節、5日にMF柴崎岳が所属するデポルティーボと対戦する。 【スコア】 ウエスカ 1-0 ラス・パルマス 【得点者】 1-0 45+1分 岡崎慎司(ウエスカ)

SOCCER KING

【関連記事】