Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

お疲れモードの中村倫也、“可愛い助手”小芝風花の逆プロポーズに「悪くない」<美食探偵>

配信

ザテレビジョン

中村倫也主演のドラマ「美食探偵 明智五郎」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の「特別編第二弾」が5月31日(日)に放送された。視聴者から「可愛い2人!」「中村倫也と小芝風花の雰囲気が最高」「演技上手いなぁ」といった声が寄せられているのが、探偵・明智五郎(中村)と、料理人で探偵助手の小林苺(小芝風花)の小気味良い2人芝居のシーンだ。シリアスとコメディの絶妙なバランスを保つ2人のやりとりがクセになるような、見どころのひとつとなっている。(以下、ネタバレが含まれます) 【写真を見る】視聴者から「可愛い!」の声が上がるツインテールの苺(小芝風花) ■ 武田真治と仲里依紗の登場回を特別編で放送 本作は「東京タラレバ娘」「海月姫」「偽装不倫」などを手掛けた東村アキコによる初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」をドラマ化した作品。超美食家の探偵・明智が、連続殺人鬼と化した主婦・マリア(小池栄子)の犯す殺人の謎を解きながら、彼女との愛に翻弄されていく。 今回は、フレンチシェフ・伊藤(武田真治)がグルメレビュアーを窒息死させた事件の裏側を描く「ギャルソンは見た!! シェフと最後の晩餐編」と、“れいぞう子”こと主婦・みどり(仲里依紗)を追い詰めたキッチン・ハラスメントの実態に迫った「れいぞう子のキッチン・ハラスメント地獄編」の二本立てだった特別編。 マリアによって人生の歯車が狂ってしまった者たちの悲しい物語が、前回放送された本編にシーンが追加されることで、より濃い形となって描かれた。 ■ バランスの良い明智と苺の関係にキュン! 明智にとって、れいぞう子に殺された夫・和宏(落合モトキ)は、かつて弁当のおすそ分けで“おふくろの味”を教えてくれた同級生。明智は、和宏とみどりが死んでしまった事実に落ち込み、ソファに横たわりうつろな表情を浮かべていた。 それを見た苺は、おいしいメロンを手に「私が風邪を引いたり、元気がないときよくお母さんがメロンを切ってくれたんです」と励ました。 「これもまた“おふくろの味”というわけか」としんみりする明智に「私が毎日おいしいの作りますから!」と“逆プロポーズ”してしまう形になりアタフタする苺のキュートさには、視聴者から「可愛いなぁもう!」「付き合っちゃえ」などの冷やかしが飛んだ。明智も「悪くない」とメロンを頬張り、少しだけ元気を取り戻したようだった。 苺を“僕の可愛い助手”と評することもあった明智。2人が探偵と助手以上の甘い関係に発展するかどうかにも注目が集まっている。(ザテレビジョン)

【関連記事】