Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち  アトランタ警官「ボイコット」相次ぐ異常事態

配信

J-CASTニュース

 米南部ジョージア州アトランタで、警官が通報に対応せず、次々と病欠するという異例の事態が起きている。当地の黒人男性が白人警官に射殺された事件で、警官らが殺人容疑で訴追されたことに対する抗議と見られている。  いったい今、アトランタで何が起きているのか。 ■テーザー銃を発砲して逃走の黒人を背後から銃撃  この事件が起きたのは、2020年6月12日。米中西部ミネソタ州ミネアポリスで、白人警官によって黒人が首を膝で押さえつけられ殺害された事件から、3週間もたっていない。  ミネアポリスの事件を受けて黒人差別に抗議し、「Black Lives Matter(黒人の命も大事)」の抗議デモが全米で起きているなか、アトランタでも黒人男性が警察の拘束に抵抗し、白人警官に撃たれて死亡する事件が起き、全米に衝撃が走った。  警官のボディカメラや目撃者の動画などから、事件の詳細が見えてきた。  死亡したレイシャード・ブルックスさん(27)は、ファストフード店「ウエンディーズ」のドライブスルー車線に止めた車の中で寝ていたため、他の客に迷惑だと従業員が警察に通報した。  現場には、デヴィン・ブロズナンとギャレット・ロルフという2人の白人警官が駆けつけた。  車の中で寝ているブルックスさんに声をかけ、職務質問する。警官から不必要に威圧的な態度は感じられない。その後、長いこと続く飲酒検査や身体検査に、ブルックスさんは抵抗することなく応じていた。  飲酒検査で大量のアルコールが検出されたため、飲酒運転の容疑で警察が手錠をかけ拘束しようとしたとたん、ブルックスさんは暴れ出し、3人で激しいもみ合いとなった。  「Stop fighting!(止めろ、争うな!)」と繰り返す警官の声が聞こえる。  ブルックスさんはブロズナン警官が持っていたテーザー銃(高電圧電極を打ち出すスタンガンの一種)を奪って逃走。ブルックスさんは逃げながら後ろを振り返り、追いかけてくるロルフ警官のほうに向けて、テーザー銃を発砲した。  ロルフ警官は逃げ続けるブルックスさんの背中を2発撃ち、3発目は車に当たった。ブルックスさんは病院に運ばれ、手術後、死亡した。  ■警官に対する見方は真二つ  この事件で、全米で続く黒人差別に関する騒乱と抗議はますます激しさを増した。6月13日、アトランタではおおむね平和な抗議デモが行われたが、高速道路がデモ隊に占拠され、現場となったファストフード店「ウエンディーズ」が放火されるなど、混乱も起きている。  この事件について、米国内での受け止め方は分かれる。  「警官に抵抗し、武器を奪って逃げなければ、こんなことにはならなかった。これが白人だったとしても、同じことが起きるはず。警官の行為が不服なら、法廷で戦えばいい。あれだけ警官に抵抗する人間をあのまま逃して、市民に危害を加えることも考えられる」と警察を擁護する声がある。  こうした意見に対して、「これがまさに『制度的人種差別(systemic racism)』だ」と主張する声も強い。 「黒人はずっと、犯罪者に仕立て上げられてきた。黒人には警察に対する恐怖心が、植え付けられている。飲酒反応が出ただけで、なぜ逮捕されるのか。ブルックスさんは運転中だったわけでも、銃を所持していたわけでもない」   「警官は、逃げるブルックスさんを背後から3発も撃っているのだから、身の危険を感じて取った行動ではない。逃さないためなら、テーザー銃を使えばよかった」  ブルックスさんがテーザー銃を奪ったことについては、「テーザー銃でも死に至ることはある。もし奪われたテーザー銃で警官が撃たれたら、身動きできずに拳銃を奪われたかもしれない」、「テーザー銃は撃つたびにリチャージする必要があるのだから、ブルックスさんが発砲したあとは危害を与えるはずがないことを、警官はわかっていたはず」など、意見が分かれる。

【関連記事】