Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「仲間に救われた」ドラゴンズ木下雄介が父の一周忌に誓う、壮絶人生からの脱却

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

「あれから一年。相手のことは決して許せませんが、父が背負ってくれたと考えて前へ進むしかありません。ボクにも守るべき家族がいますので」 一年前、中日ドラゴンズ木下雄介投手は、突然、父親を失った。大阪に長く住み、年金生活を間近に控えた勤務中、交通事故で死亡。全く落ち度のない、気の毒な巻き込まれ事故だった。 当時ナゴヤ球場でウエスタンリーグの試合開始直前に、突然の訃報を聞いた木下投手。チーム関係者から、すぐに大阪へ向かうよう促されるも、 「父は大切な存在。でも、今の自分は、守るべき妻と子供のために、一軍昇格へアピールの場を逃すことはできません」 と、公式戦で登板。試合を終えてから大阪へ向かった。 実は、木下にとって、大切な人の突然の「死」と向き合うのは、初めてではなかった。彼の経歴にはこんな件(くだり)がある。 「駒沢大学中退」 響きのいいものではない。ただ、決してドロップアウトではない。野球部入学まもない頃、家族にとってかけがえのない人を交通事故で亡くし、その失い方からのショックで、野球への情熱が薄れ、失意からの退部、退学だったのだ。もちろん入学させてもらった周囲への感謝、その後の母校と大学の関係も熟考した上での、中退だった。

再び開いた人生の扉

しかし、木下雄介の人生は、大切な人との別れ、ばかりではない。失意の中、地元大阪へ帰り、スポーツジムでインストラクターとしてアルバイト生活。その職場で出会った奥様との出会いが、彼の野球人生の扉を再び開けることになる。 たまたま誘われた草野球のマウンドで、久々に握った硬式球。そこで、当時はまだ交際中だった奥様やスポーツジムの友人たちの目の前で、なんと150キロを計測。その時の奥様の言葉が忘れられないそうだ。 「あなたのあんな笑顔、初めて見たわ。ほんとは野球が好きなら、もう一度、挑戦してみたら」 木下の転機は、いつも突然だ。草野球の帰りに見かけたfacebook上での告知。木下にとって徳島での高校時代の盟友で、自身と同じように大学を中退していた、現在ジャイアンツで”神走塁”としても活躍中の増田大輝内野手の個人ページ。そこに、四国アイランドリーグが合同トライアウトを開くという告知があった。 増田と木下、共に合格。野球ができる場を得て、そこでの活躍がNPBのスカウトの眼に留まることになる。 ただ、目まぐるしい出会いと別れと経験する木下にとって、ドラゴンズの育成契約から支配下登録を経た今でも、心の根底に消えない思いがある。 「どれだけ大切な人でも突然失う絶望感は、忘れられない。かといって、そこそこ仲良くして、適度な距離で、なんて必要もない。そもそも人付き合いなんていらない。ましてやプロの世界。ライバルと群れる必要もない」

【関連記事】