Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

放送再開後の展開がますます楽しみに!休止期間中に朝ドラを振り返る3つのポイント

配信

ロケーションジャパン

 新型コロナウイルス感染症による肺炎のため死去したタレントの志村けんさんが最後の名演技を見せた事でも話題になった連続テレビ小説『エール』。3月30日の初回から先日5月15日までの平均視聴率は21.3%(関東地区)と高視聴率を記録しているが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため収録を見合わせ、6月27日(土)の放送をもって放送を一時休止することになった。放送再開の時期は(5月25日現在)、検討中だ。  作品の放送再開の正確な目途はたっておらず、休止期間中は再放送や特別総集編が放送されるのではないかいわれている。どちらにせよ、この異例の放送休止期間中は今まで番組を見逃していた人にとっても改めて本作を深く味わえる機会になりそうだ。

1.タイトルに込められた想いを改めてチェック

 そんな中、ロケーションジャパン6月号では本作品の特集が組まれている。特集では、制作統括の土屋勝浩氏のインタビュー等、知っていれば作品をより楽しむことができる情報が目白押しだ。その中でも、放送休止期間の振り返りにチェックしたいポイントを3つご紹介しよう。  本作の主人公のモデルとなった古関裕而氏は全国で作曲をし、ジャンルは多岐にわたる。その中であえて『エール』という言葉を選んだ理由をご存知だろうか。ロケーションジャパン6月号(No.99)のインタビューで、制作統括の土屋勝浩氏はこの作品の時代背景や古関氏の作風に触れ、タイトルの裏側に込められた想いを語っている。  本作品のメインとなる舞台は裕一の故郷・福島県、音の出身地・愛知県豊橋市、そして東京だ。古関氏は全国各地で作曲をした関係で、関連性のある土地はいくつもある。その中でも特に福島県をメインのロケ地として選んだのには、古関氏の故郷であるという事実の他に、「東日本大震災から10年」という節目の年を目前にした福島や東北へのエールを込める、という思いもあったという。  5月18日(月)から放送された第8週「紺碧の空」では裕一に早稲田大学応援歌作曲の依頼が舞い込んできた。タイトルに込められた制作者の思いを知ると、この回が裕一の「自己表現」としての作曲から、「誰かを思い作曲する」というスタイルへ移行する重要な回だ、という事が分る。『エール』というタイトルに注目しながら作品を振り返れば、新たな発見があるかもしれな