Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名取事務所が現代韓国戯曲を2作品同時期に上演、演出はシライケイタと眞鍋卓嗣

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ステージナタリー

名取事務所公演「獣の時間」「少年Bが住む家」が、10月23日から11月2日まで東京・小劇場B1で上演される。 【写真】名取事務所公演 現代韓国演劇2作品上演「獣の時間」「少年Bが住む家」チラシ裏(メディアギャラリー他1件) これは、名取事務所が現代韓国戯曲を、同時期に2作品上演する企画。キム・ミンジョンが作、シライケイタが演出を手がける「獣の時間」は、1945年の韓国・京幾道を舞台に、母に捨てられ浮浪児となった少年・テスの物語が描かれる。テスは収容先の仙甘学院で、獣のような扱いを受けていた。そんな中、テスは海で溺れかかっていた日本人の少女・涼子を助け……。 作をイ・ボラム、演出を眞鍋卓嗣が担当する「少年Bが住む家」は、殺人を犯した少年・デファンと、その家族を描いた作品。14歳で罪を犯し、7年の実刑判決を受けたデファンは、保護観察処分になり自宅に戻っていた。そんな彼に父は自立を促すが、母は息子を外に出すことを恐れ……。 「獣の時間」には西山聖了、伊藤安那、山口眞司、清水直子、内田龍磨、「少年Bが住む家」には竪山隼太、鬼頭典子、田中茂弘、森川由樹、森尾舞、斉藤淳、八頭司悠友が出演。10月23日18:00開演回、25日14:00開演回、28日19:00開演回にはアフタートークが実施され、31日公演のみ手話通訳が入る。 ■ 名取事務所公演 現代韓国演劇2作品上演「獣の時間」「少年Bが住む家」 2020年10月23日(金)~11月2日(月) 東京都 小劇場B1 □ 「獣の時間」 作:キム・ミンジョン 演出:シライケイタ 翻訳:石川樹里 出演:西山聖了、伊藤安那、山口眞司、清水直子、内田龍磨 □ 「少年Bが住む家」 作:イ・ボラム 演出:眞鍋卓嗣 翻訳:シム・ヂヨン 出演:竪山隼太、鬼頭典子、田中茂弘、森川由樹、森尾舞、斉藤淳、八頭司悠友

【関連記事】