Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋田ノーザンハピネッツをより強く、より良いチームへと導く古川孝敏「このチームならできるし、勝てる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

「もっと良くなるチームだと感じたシーズン」

文=佐保めぐみ 写真=B.LEAGUE 古川孝敏は栃木ブレックスのBリーグ優勝に貢献し、ファイナルMVPを獲得。琉球ゴールデンキングスでは西地区優勝に貢献している。『Bリーグの主役』の一人である古川が昨夏に秋田ノーザンハピネッツへの移籍を決めた当初は、本人も「周りから『なぜ秋田? 』と言われます」と語っていた。それから1年、秋田で彼が何を目標としてバスケに取り組み、どんな手応えを得ているのか、あらためて語ってもらった。 ──古川選手はリリースで3年契約ということを公表していますが、秋田での1年目はどんなシーズンでしたか?  「このチームでやりたい」、「このチームならできる」という強い思いで秋田に来たのですが、個人的にはケガが多くてチームに申し訳ない気持ちがすごくあります。その中でもチームとしては徐々に良くなって来た部分があって、特にシーズンが終わる直前ではあったけど、何となく自分たちでもつかみかけているものがありました。チームとしてはまだまだですけど、「これだ」というきっかけになる部分が見えてきていたので、このチームはもっと良くなると感じたシーズンでした。 ──「チームとしてはまだまだ」という言葉が出ましたが、チームとして一番足りていないと感じた部分は何でしょう?  まだまだ粗削りな部分が多いことです。秋田の武器は『激しいディフェンス』とヘッドコーチも含めて全員が口にしています。もちろん、そのマインドはチーム全員が分かっていますが、ただやっているだけというか。言ってしまえば賢くなかったなと。若い選手が多いので経験不足という点もあるかもしれません。 勢いがあれば勝てるけど、勢いがないと全然ダメで、結局は自滅する試合が多くて。やりたい意図や目的が文字として頭に入っていても、それを遂行しきれない。ディフェンスが武器と言ってハイインテンシティでやっているけど、ただ激しいだけで身体を使えていなかったり、1試合を通して我慢して勝ちきることはほとんどなかったと思います。技術的な部分ではない、ベーシックな部分での試合に対する準備やお互いの考えや意識の共有がなかなかできていなかった感じですね。 数字で言うと、ディフェンスリバウンドはB1で最下位に近いですし、スティールは多いけど逆にファウルを与える数も多い。スティールはある意味ギャンブルな部分でもありますよね。言い換えると固いディフェンスができていないということでもあります。 これはあくまでも僕の感覚でしかないのですが、そこのさじ加減を上手くやっていけたらなと感じました。 ──なるほど。そういうところを全部ひっくるめて『粗削り』ということですね。 そうそう。ネガティブなことを言いましたけど、逆にそこができればもっと戦えるチームなんです。やっぱりメンタリティの部分も多少はあるのかなと思いますね。強いチームはどんな試合でも自分たちのバスケットを遂行し続けて最後に勝ちきるのですが、その力が秋田にはまだありません。

【関連記事】