Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高齢者の約半数が新型コロナ禍で「死」を考えた 財産分与など“生前整理”への意識も高まる

配信

Hint-Pot

緊急事態宣言解除後も過半数が家族や友人との交流を自粛

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、各地ではまだまだ第2波、第3波の発生が懸念されています。特に、高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されているため、高齢の方は感染対策に敏感になっているのではないでしょうか。株式会社Good Serviceでは、全国の60歳以上の男女を対象に「新型コロナウイルスと心の変化」に関する調査を実施。約45%が新型コロナの流行で「死を考えた」と答えた他、貴重品の整理や財産分与など、万が一の事態に備えて“生前整理”を考えている方も増えているようです。 【画像】新型コロナ禍で“怖い”と感じたことは 亡くなった時に身内に対してどんな思いが? 高齢者への調査結果一覧  ◇ ◇ ◇  調査は6月1日にインターネットで1179人に実施されました。緊急事態宣言の発令中はどのようなことに気を付けていましたか?」との問いに、「不要不急の外出を控える(54.4%)」と回答した方が最も多く、「3密(密閉・密集・密接)を避ける(27.1%)」、「体がなまらないように適度に運動する(8.7%)」、「免疫力が低下しないようにバランスの良い食事(6.8%)」、「電話などでコミュニケーションをとる(1.5%)」と続きました。 「緊急事態宣言発令中に家族と連絡を取っていましたか?」との質問には、「一緒に暮らしているので常に取っていた(58.8%)」、「メールやLINEなどで連絡を取っていた(19.1%)」、「定期的に電話やテレビ電話で連絡を取っていた(8.1%)」、「あまり取っていなかった(7.5%)」、「全く取っていなかった(4.7%)」と続いています。「あまり取っていない」と「全く取っていなかった」を合わせると12.2%になります。  では、緊急事態宣言解除後はどうなのでしょうか。「現在は家族と会ったり、友人と交流したりしていますか?」との質問に「早く会いたいが、感染が怖いため自粛している(50.6%)」と回答した方が最も多く、「3密を避けながら頻繁に会っている(24.0%)」、「感染が怖いため数回しか会っていない(19.3%)」と続きました。感染リスクを考量して自粛している方が多いようです。

【関連記事】