Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【麒麟がくる】越前の領主・朝倉義景はマムシと真逆!?のらりくらりと光秀を翻弄する

配信

ENCOUNT

初大河のユースケ・サンタマリアも気合十分「『麒麟がくる』の中で、朝倉義景を一番輝かせたい」

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第18回が17日に放送される。高政軍の追手から、命からがら美濃を脱出する光秀(長谷川博己)たち。帰蝶(川口春奈)の取り計らいで現れた伊呂波太夫(尾野真千子)に導かれ、隣国・越前の地へたどりつく。領主・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見し、明智家をかくまってもらえないかと交渉する太夫に、義景は値踏みをするように光秀を見つめ、渋々ながら了承する。 【写真】織田家譜代の家臣・柴田勝家(安藤政信)も初登場  第18回から物語は越前編に突入。越前編では、光秀の新たな主君となる朝倉義景、織田家譜代の家臣・柴田勝家(安藤政信)、関白・近衛前久(本郷奏多)らとの新たな出会いが光秀の壮年期をフレッシュに彩る。  大河ドラマ初出演となるユースケが演じる朝倉義景は、越前を治める有力大名で将軍家、中央政権どちらにも繋がりが深い。義景は文芸を好み、自身が住まう一乗谷に巨大な文化圏を作り上げた。光秀が美濃で仕えた狡猾な斎藤道三とは、正反対ともいえるキャラクターだ。  ユースケは「朝倉義景は、ここまでの登場人物にはいなかったキャラクター。一癖も二癖もあるつかみどころのない戦国大名ですが、演じていく中でどんどん愛着が沸いています。光秀と初めて対面するシーンを初日に撮影しましたが、『面を上げよ』というセリフは、これまた謎の高揚感がありましたね」とニヤリ。  制作統括の落合将氏は、「今回の大名はつかみどころなく、光秀を翻弄します。 大河ドラマ初出演のユースケさんは、また現場でものらりくらりと我々を翻弄し、まさしく『麒麟版・朝倉義景』がそこにいるかのように我々を錯覚させてくれました」とその存在感を絶賛。ユースケは「『麒麟がくる』の中で、朝倉義景を一番輝かせたいと勝手に思っています。是非お楽しみに!」と、視聴者にメッセージを送った。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT