Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020の主役は誰だ。高校サッカーの注目選手特集  MF崎山友太(米子北)

配信

高校サッカードットコム

 二人の兄も米子北高校でプレー。他チームの練習にも参加したが、「お兄ちゃんができなかったことを自分が超えたかった。高卒でプロになる、選手権で自分が点をとって、チームを勝たせたいと思った」と兄が歩んだ道のりに続いた。 【フォトギャラリー】米子北サッカー部 自信を覗かせるのは、ゴール前での強さやシュートまで持って行く意識の強さ。入学してすぐにゴールを量産し、Aチームに引き上げると1年目の夏には右SBとしてインターハイに出場。地元・沖縄で開催された昨夏のインターハイでは、懸命にフリーランを繰り返す姿勢を買われ、FWとして起用された。カウンターの起点としてボールを追い掛け、得点感覚を見せつけた崎山は初戦でのハットトリックを達成。大会優秀選手に選ばれたが、冬の選手権では青森山田高校に0-6で大敗し、厳しい現実を突きつけられた。「フィジカルの違い以上に球際や、1対1など個の強さで負けてしまった。それに加えて、自分たちよりも走れる上に足元の技術を持っていると感じた。今年はその基準を超えていかなければいけない」。  今年はパススピードとトラップの置き所に意識して、練習に励むなど更なる質の向上を目指している。判断をより高めて、止まらずにプレーを続ける点も向上を目指している点だ。全ては憧れの選手権で活躍するため。「選手権の1回戦で負けてしまったので、その借りを返すつもりで全国制覇を目指したい」と力強く口にする。

【関連記事】