Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【指揮官一問一答】広島・佐々岡監督、菊池涼の無失策セ新記録「すごいこと」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人5-5広島=延長十回規定により引き分け、21回戦、巨人12勝7敗2分、15日、東京D)広島は今季最後の東京ドームで4点差に追いつき執念のドロー。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。  --投打ともに踏ん張った  「序盤に失点したが、よく追いついた。中継ぎが頑張ってくれた。2イニングを投げたケムナ、フランキー(フランスア)がしっかりと役割を果たしてくれた。打線が追いついてくれて、戦う姿勢をみせた。価値ある引き分けというわけではないが、あと一歩のところまで頑張ってくれた」  --先発の野村が2回1失点で降板  「トレーナーに聞いてほしい」  --菊池涼がシーズン連続守備機会無失策を434に伸ばし、セ・リーグ記録を更新  「当然、投手を助けてくれている。シーズンを戦う中で無失策はすごいこと」  --5-5の六回1死二、三塁で代打・小園が、八回1死一、三塁では代打・坂倉がサインプレーを遂行できず勝ち越し機を逃した  「あと一歩のところで勝てなかったが、次につながる戦う姿勢をみせてくれた」

【関連記事】