Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“農高生の甲子園” 中止 夢見た優勝、開催なら3密…納得、前向く でも、悔しい 県立静岡農高

配信

日本農業新聞

 「しょうがない、でも悔しい」。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、10月に予定されていた「農高生の甲子園」とも言われる日本学校農業クラブ全国大会の中止が決まった。主催県だった静岡県では、1年前から準備を進めていた。生徒たちにはやり場のない思いが残る。農業高校の校舎には、開催までをカウントダウンしていたボードが「あと193日」で止まったまま、ぽつんと置かれていた。(木村薫)

1年前から準備 見守る教諭 「ごめん」

 「ここまでやってきて大変だった。何とかやり切りたかった」。全国大会の事務局で生徒実行委員長を務める静岡県立静岡農業高校3年の八木花梨さん(17)は悔しさをにじませる。  同大会は10月21、22日に開く予定で、70周年の記念大会でもあった。中止は史上初。2日間で九つのプログラムの実施を予定していた。同大会は会場運営や準備は生徒が中心で行う。県内11校の農業高校の生徒代表らが意見を出し合い、準備を進めてきた。  八木さんが中止を知ったのは5月上旬。休校中のことだった。事務局の生徒らでつくる、無料通信アプリ「LINE(ライン)」のグループに突然メッセージが届いた。  「大会中止になるらしいよ」  大会まではまだ数カ月ある。「生徒の間のうわさかもしれないと、信じられない気持ちだった」と振り返る。  その数日後、学校から電話がかかってきた。運営などの指導を受け、共に準備してきた滝宏行教諭からだった。電話口から聞こえた第一声は「ごめんなさい」。謝罪の言葉だった。  同大会に多くの人が集まり、感染リスクが高くなることも想像できた。八木さんは「本当に中止なんだという気持ちだった。でも、しょうがないと納得した」。生徒が準備する姿を間近で見てきた滝教諭にとっても、「中止は断腸の思い」だった。  既に大会ポスターやホームページはできていた。来場者への“おもてなし”になる記念品の内容などを出し合っていた。  「これ、気に入っていたんです」。八木さんは記念品の候補で、県立天竜高校の生徒が作った四角いコースターを手に取る。コースターには富士山とガーベラ、「2020in静岡」の文字が彫られていた。  中止は決まったが、開催への思いは募る。大会全般を管理する櫻井正剛教諭は「一部だけでもできないか調整をしているが、難しい」と話す。

【関連記事】