Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタ・ブロックチェーン・ラボから眺める車と金融の未来【インタビュー】

配信

CoinDesk Japan

近未来の20XX年、人の価値観は変わり、車への関わり方は多様化する。 車は持たずに、利活用するものと考える人もいる。旅に出る時は、スーパーアプリに自分のデジタルIDを打ち込んで、レストランやカーシェアリングを予約する。自動車保険もデジタルに契約を済ませる。アプリには、デジタルマネーの残高とデジタルマネーに交換できるポイントの数が表示され、旅先での食事やホテルの支払いもアプリでキャッシュレス決済だ。 車を所有する人は、車の価値をリアルタイムにアプリで確認する。買い替えや、車を貸し出したければ、アプリを使ってデジタルに手続きを進める。 モビリティサービスを展開する企業は、車というアセットを「デジタル証券化」して、事業に必要な資金を調達する。個人ユーザーは、デジタル証券を金融商品として購入し、そのサービスを利用できるポイントを受け取ることができる。もちろん、アプリがすべてを管理してくれる。 20XX年のある給料日、世界170カ国・約37万人のトヨタグループの社員が持つウォレットには、いつものようにデジタルマネーで給料が送金された。1台の車を作るために必要な数万に及ぶ部品が循環するトヨタグループの巨大サプライチェーンでは、すべての企業が法人用ウォレットを利用し、月々の企業間決済はデジタルマネーで自動化される。 100兆円を超えるとも言われるトヨタグループの経済圏で、部品・車といったモノとそれに付随するお金が一体で循環し、巨大なユーザー層とグループ企業で構成される経済圏を作っている。改ざんが困難なブロックチェーンと、金融テクノロジーのフィンテックは、その経済圏のオンラインインフラの中核を成す。 こんな世界の実現を、近未来に感じさせる新しい組織が1年前に生まれた。トヨタグループの主要関連企業と横断的に連携し、ブロックチェーンを使った新しい価値創造を追求するトヨタ・ブロックチェーン・ラボだ。 このラボの中心で、取り組みを牽引する冨本祐輔氏に話を聞きながら、未来の「トヨタグループ経済圏」の姿を想像した。

【関連記事】