Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マウリツィオ・カテランがオンラインプロジェクト「Bedtime Stories」を発表。イギー・ポップらの声で眠ろう

配信

美術手帖

 社会や権力、権威を皮肉る作品で知られているアーティスト、マウリツィオ・カテランが、ニューヨークのニュー・ミュージアムのサイトを通じてオンラインプロジェクト「Bedtime Stories」を発表した。  同プロジェクトは、世界各地のロックダウンで人々が孤独な日々を過ごすなか、カテランが友人やアーティスト、パフォーマーなどを招き、就寝前の「ベッドタイム・ストーリー」を配信するというもの。各参加者は、好きな本のワンセンテンスや一節、一章を読み、美術館のオンライン視聴者と共有。既存・オリジナルな作品を朗読する、あるいは即興で演奏するなどの形式で、自宅やスタジオの電話やパソコンで録音した音声を、6月末まで毎日配信する。  第1週目には、アメリカのミュージシャン、イギー・ポップが亡くなった愛犬への手紙を朗読するポッドキャスト をはじめ、タシタ・ディーンやアブラハム・クルズヴィエイガス、アンドラ・ウルスタによる物語が公開予定だ。  カテランはニューヨーク・タイムズ紙 に対し、「私はこのプロジェクトをアートワークでなく、孤立したときに他人と一緒にいる方法として考えていた」と説明。「私の作品は、イメージの力とその魅惑性や複雑さに関するものだと言えるが、ときには、見せるよりも聞くことに価値がある」としている。

【関連記事】