Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浜辺美波が思わず涙…“ヒゲダン”の主題歌と特別映像に感動「私、中学生のころの写真がなくて…もっと楽しんでおけばよかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」(三木孝浩監督)の公開初日舞台あいさつが14日、都内で行われ、主演の浜辺美波(19)、ダンスロックバンド・DISHのリーダー・北村匠海(22)、福本莉子(19)、赤楚衛二(26)らが出席した。  咲坂伊緒さんによる人気青春恋愛コミックを実写化。同じマンションで暮らす高校生の4人擦れ違う思いを描く。舞台あいさつは無観客で全国の劇場に生中継。コロナ禍での公開だけに、浜辺は「たくさんの方が見て下さってるということなので喜びをかみしめています」と満面の笑みを浮かべた。  イベントでは、Official髭男dismが歌う主題歌「115万キロのフィルム」に、学生たちから寄せられた写真や動画で構成した特別映像を上映。見終わった浜辺は思わず涙し「私、中学生のころの写真がなくて、撮っておくとすてきな青春が振り返れる。もっと楽しんでおけばよかった」と声を絞り出した。

【関連記事】