Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10月はダリア栽培の開始適期! この秋おすすめのダリアは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NHKテキストビュー

10月はダリアの開花鉢やポット苗が数多く出回り、栽培を始める絶好のシーズンです。近年の暖冬傾向で、冬の球根保存が手軽になったダリア。最新事情を知って、来年も美しい花を楽しみましょう。園芸研究家の山口まりさんがダリアの今を紹介します。 * * * ■かつてのダリアは…… ● 夏に大輪の花を咲かせる印象 ●どちらかというと庭植え向き ●球根は冬に掘り上げて保存 ■ダリアの新常識! ◎秋のほうが花色は美しい ◎近年、小輪などの種類が豊富 ◎鉢植えや寄せ植えにもおすすめ ◎冬に球根を掘り上げなくてもOK(土中まで凍結したり積雪したりする地域では掘り上げる) ■山口まりさん厳選! この秋おすすめのダリア 力強く美しいレッド 純愛の君 深紅の八重咲き種。鉢植えで入手した際はコンパクトでも、翌年には本来の姿に。鉢植えでも庭植えでも主役になる。   1株でも空間が華やぐ ダリーナ マキシ エミリオ 北欧で改良された小型種。花弁数が多くゴージャス。分枝がよく、株元の葉数が多く蒸れやすいので、下葉を取り、風通しよく管理。   シックな色合いを楽しむ ハミングブロンズパープレア 極小輪の一重咲き。花のかわいらしさと黒葉を生かして、鉢植え、寄せ植えに。日当たり・風通し・施肥・水の管理をしっかり行う。   ※テキストでは、ポット苗・開花鉢を入手してからのダリア栽培を詳しく解説しています。 ■『NHK趣味の園芸』2020年10月号より

NHK出版

【関連記事】